バラが咲き乱れる公園

岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

こんにちは、スタッフMです。
可児市にある花フェスタ記念公園のバラが見頃だというのを知り、ふらりと行ってきました。

じゃん!
どうです、この広い庭園!
そしてバラが咲き乱れるどころか見事に緑ですね!

img_1976-copy

時期的には見頃なはずだったんですが、ちょっと早かった…!
バラの品種も様々なので、少しずつ咲くタイミングが違うようです。
 
 
公園の中にはベルサイユのバラをモチーフにしたエリアがあり、
そこのバラは真っ赤に咲いていました。
雨露に濡れていてどこかセクシー。

img_8781-copy
 
  
こちらは日本で品種改良されたバラ。
名前はしのぶれど。

img_8795-copy

しのぶれど…現代ではあまり使いませんが、
じっと我慢してきたけれど、結果〜〜になってしまった、というような意味だそうです。
百人一首に平兼盛が詠んだ歌にしのぶれどという言葉が出てきます。
「忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで」

誰にも知られないように隠していたつもりが、
とうとう人に恋の悩みをしているのか?と尋ねられる程顔に出るようになった、という歌だそうです。

しのぶれど…言葉の意味を知ると、とてもロマンチックなお花に見えてきます。
このバラは蕾の時はひっそりとしていたけれど、咲き誇ったとたん、
恋をしているかのように輝くお花になる、そんな感じでしょうか。
 
写真ではピンクに見えますが、実際は薄紫色の花をしています。
先に紹介した真っ赤なバラとは違い、お淑やかでとても気品のある花だと感じました。

咲いているバラの数は少なかったのですが、色々な種類があることを知れたので面白かったです。
 
 
その後は園内をぶらりと散歩しがてら茶室へ。
茶室・織部庵の見学は貸切予約があるとのことで断念しましたが、
立礼席でお抹茶が頂けるということだったのでお邪魔しました。

  
なかなか雰囲気があります。

img_8831-copy

 
松も手入れが行き届いて迫力があります。
 
img_8833-copy
 
 
立礼席の窓ごしの緑です。
紅葉が始まると緑が真っ赤に色づきとても風情のある景色になるのだそうです。
 
img_8836-copy
 
 
お抹茶と栗きんとん。
後味のすっきりとした飲みやすいお抹茶と、恵那川上屋の栗きんとんでした。
相性ばっちりです。

img_8838-copy
 
 

総括:
バラが咲き誇る時期に行くと圧巻だと思います!(説得力にかけますが)
とても田舎の、しかも山の中にある公園ですが、日々の喧騒を忘れたい時にはぜひどうぞ。