来年度の国交省の支援制度の説明会に行ってきました

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて今回は、国交省の来年度における 住宅の取得・改修に関する支援制度の説明会に参加して参りました。

IMG_5206

昨年に引き続き、毎回参加しておりますと国交省の目論見が見えてきますね。
あくまで個人の意見ですが。

私としては気になる所は、
長期優良化リフォーム先導事業と
インスペクション関係。

長期優良化リフォーム先導事業に関しては来年度も継続。
今年も実践させて頂き、設計、予算配分の難しさを感じましたが、
やっぱり大切ですよね。
今回特出すべき所は断熱でしょうか。
省エネルギー性の向上に力点を置いてました。

現実問題、スケルトン状態にし断熱化を図るのは考え易いのですが、
やはりコストバランスを考えると…ともある。
高断熱化のメリットはかなり感じているけれども
体感しないと伝わりにくい所も。

暖かい家が欲しい。
最近よくよく聞きますが、可能な限り性能を上げて行きたいですね。
こういった制度をうまくリンクさせながら住生活を向上させます。

また、インスペクション関係。
大きな波が来ています。
宅建業法でも2018年には告知の義務化。
優遇制度を導入し、普及させようとの考えもありますが、
まずはマインドを変えないといけないですね。

3月は事業者様(宅建業者様)向けへのセミナーを行います。
是非、優良な中古住宅の普及を目指し、ここらをピックアップしてお話ししたい所です。

IMG_5207

最新情報は無料セミナーにて公開中。
私の場合は何が合うのかな?
制度が沢山あり過ぎて混乱してしまう状況ですが、
一つ一つに整理して考えて行きたいですね。
お庭でお茶でもしましょう。