リノベーションEXPO設営

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

最近はめっきりイベント準備でバタバタしております…

そんなイベントもいよいよ今週末!
いよいよ設営スタート。

と思いきや集まったのは5人…
実作業は4人…
過酷な試練が待ち受けていました。

おのおの持ち寄った材料を元に準備スタート。
本日の目標はイルミネーションと各ブースの墨出し。

黙々と作業していて写真取り忘れてしまいました…

イルミネーションやフラッグを吊り下げるバーを上げ下ろし調整する事数回。
何とかきれいに収まった。

img_07201

電気屋さんのようなカラーをしていますが私です。
自力で頑張ります!
フラッグも可知さんの手作り。流石です。

リフトアップと共にイルミネーションを点灯すると…
感動!一気にテンション上がります。

img_0722

明日はブースの組立。
演出等は秘密ですが、とても楽しい会になる予感。

やはり、よりいいものを造ろうかと思うと
パッと出て来る閃きや発想が大事。
こだわって良かった。

そんな私のセミナー内容も急遽修正。

【知って賢く、ワンランク上のリノベーション】

中古住宅を購入される方以外にも楽しんでもらいたい。
そんな思いから話の内容を拡大!
時間足りるかな…?

同業の方も気にしているマニアックな行政、お金の話をします。
是非遊びに来てくださいね!

エキスポ詳細はこちら

 

第二回近島リノベーション住宅オープンハウス開催!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

最近気温が下がってきましたが、みなさま風邪などはひかれていないでしょうか?
スタッフMはいち早く風邪を引きました。
そんなときはオレンジジュースを大量に飲んで何もせず寝る!これが鉄板です。

さて、以前お知らせしていた近島のリノベーション住宅ですが、オープンハウス開催が決定いたしました。
ヴィンテージ漂う、ご家族のベストミックスを求めた住宅です。
既存のカテゴライズされたデザインにとらわれない自由なデザインは
家族の成長と共に姿を変えていくのではないでしょうか。

_mg_9097

オープンハウスは完全予約制とさせて頂いているため、内覧は一家族様ごととなります。
ご予約はこちらからどうぞ。
上記ページが開かない方はinfo@maruho-design.comまでお名前を添えてメールをお送り下さい。
折り返しオープンハウスの住所と日時等、ご連絡させていただきます。

携帯・スマートフォンのアドレスを使用される方へ
docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定をされている方は
下記ドメインを受信できるように設定をお願いします。
maruho-design.com

ご興味のある方はぜひお越しくださいませ!

暖かなお出迎え

岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに
地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所の マルホデザインです。

ちょっと資料を頂きにF-FURNITUREへ。

丁度休憩時間だったのでコーヒーを頂きました。

有難い。

家具職人さんに囲まれながらのコーヒー。

聞きたい事や話したい事が沢山あってコーヒー一杯頂くのにかなりの時間を頂いてしまいました。

これから京都へ向かうと酒井さん。

リノベーションをスタンダードに。

新たな発想と、皆さんの熱を帯びた様子に元気をもらいました。

img_0711

リノベーションEXPO最終打ち合わせ

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて、いよいよ大詰めになってきました、リノベーションEXPOの準備。
今回は最終打ち合わせの為、極力多くの事業者様へ集まって頂き最終確認へ。
設営を任されている身としてはドキドキ、緊張モノです。

リノベーションEXPO

と、案外打ち合わせはサラッと終わってしまいました。
大丈夫かな…

昨年はナディアパークでしたが、今年はモリコロパーク。
かなりの人出が予想されます。
昨年の様子はコチラ

私たちも気合が入っていて、イベントや楽しむ演出が盛り沢山!!
詳細はコチラ

私も急遽セミナー内容を若干変更。
当初、中古物件購入者を対象にしておりましたが、
リノベーションにまつわる全般的なお金の話をします。
しかし、
①中古物件購入時
②購入後
③持家
の3コンテンツに分け、それぞれの行政の動きを解説します!

28年度の国の補正予算の内容も盛り込み、かなり濃い内容に。
(時間足りるかな…)

是非、リノベを検討している方は遊びに来てください。
飛び入り参加もO.Kですが、予約も賜っています。
予約はコチラから

最近急に寒くなってきました。
会場は屋外なので暖かい格好で。

広報Gの皆さん、ありがとう。

 

モールテックスを語り、検証する。

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

この度、山県市よりオーダーキッチン専門店、F-FURNITUREさんが、
弊社のモールテックスキッチンを見学に来て下さいました。

モールテックスのブログが結構多いのですが…
それだけ注目されています。

マルホデザインとしては、新素材への探求心や、
下地を選ばない性質に大変高い評価をしており、
試験的に屋外にキッチン?ガーデンシンクを作成しました。

なぜ外かと?
外でたまには食事するものいいじゃない。
そんな発想でスタートしたわけですが、
色々試してみたい事も。

モールテックスに関しては屋外の施工性。
防水性能・強靭性の高いモールテックスは屋外にも使用されるのですが、
非常に乾燥スピードが速く風等の影響を嫌う事。

モールテックス勉強会の様子はコチラ

屋外の施工は養生をし、風よけをして下さいと言われながらも、
外での風よけって…
難しいですよね。

モールテックスキッチン

実際の施工の様子ですが、
一回で3㎡塗るのも精一杯。
もっと小スペースで小刻みにいかないといけないか。
どんどん乾燥していきます。

因みにモールテックスは、
【テクニカルレイヤー】と言われる機能面と
【フレスコ塗り】と言われる仕上げで1層が完成します。

単純に2回塗りで無く、【テクニカルレイヤー】が半渇きの状態で【フレスコ塗り】を仕上げていく。
非常に難易度が高い。
そこを見分けるのが職人さんの腕であったり、表現を予測し監修する私共の仕事でしょうか。

その難しさや、キッチンへの可能性、使用用途をお互いに模索。

モールテックスキッチン

外でお茶なんて乙なモノ。

オーダーキッチンを文化に。
リノベーションをスタンダードに。

良い討議ができました。

F-FURNITURE 浅野さん。ありがとう。