岐阜市 モールテックス 施工|玄関土間②

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

モールテックス 玄関土間の続編。
No.1はこちらから

さて、施工に移っていくわけですが、まずは下地作り。
補修したい箇所は木、ないしスタイロフォームで造形していくと良いでしょう。
しかし、今回は使用箇所が『床』なので構造用合板にて下地造り。

MORTEX(モールテック)下地

すいません、既に塗りはじめの写真ではありますが、
玄関ステップ延長部分を合板で下地組み。
モールテックスの性質上、強靭性は高いものの、やはり下地ズレは避けたいもの。
ですので、合板の継ぎ目にはファイバーテープを施工。
継ぎ目のズレを防ぎます。

下地組みが終わったらプライマー処理。
モールテックスがしっかり密着するように塗っていきます。

MORTEXプライマー処理

白色の液体なのですが、アルカリ性に反応しますね。
若干緑色に変色します。
しっかりと塗りまわし、完全乾燥。
24時間待つのが理想でしょうか。

乾いたらいよいよ施工。
材料を正確に計り混ぜ合わせ。
使用する色粉、塗り面積に応じて細かく計算。
電卓・電子計必須です。
キッチン用の電子計りでやったことがあるのですが、重さが3キロ位しか計れなかったので、
全然役に立ちませんでした…。
せめて余裕持って10キロは計れる電子計りをお勧めします。

混ぜ合わせると結構トロトロに。
左官屋さんから言わせると、垂直面に塗れるの?というほど柔らかい。
これも経験が必要かもしれませんね。

MORTEX岐阜市

しかしながら、モールテックスはモルタルと違い、仕上げ厚が1~2mm程度。
密着も良いので、自重で下がってくる事もほぼありません。
こんな様子。

MORTEX岐阜市

まずは一層塗り。
全体の下地を作っていきます。
ここでのコテラフ感が最終仕上げにつながってきます。
センスですね。

一層塗りが全体に終わったら…
ジッと待ちます。
二層目塗りのタイミングが重要。
半乾燥状態で二層目を塗ります。
フレスコ塗り。言葉では中々表現できませんので用語だけでも。

モールテックス玄関土間

実にキレイな仕上がり。
今回の色粉も本当に良かった。

そして最終仕上げ。
グラインダーで磨いて表情を付け、仕上げ材を塗布。
今回は汚れ防止剤としてオイル・モールテックを使用。
また、この保護材の種類も多様。
壁や天井等の汚れを気にしない場所や、屋外、水場等、適材適所で選ばねばなりません。

MORTEX仕上げ

と性質、性能を知っていると実に面白いモールテックス。
これからどんどん使用の場所や、様々な表現が生まれてきそうですね!
楽しみです。

 

 

 

岐阜市モールテックス施工|玄関土間①

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

最近マイブームでもありますモールテックス。
リノベーションの可能性を広げる切り札ではないかと考えています。

と言いますのも、
〇下地が何でもO.K(木・鉄・プラスチック等々)
〇デザインの表現が多様
〇強靭性(ひび割れに強く、密着性が高い)
〇防水性

が個人的に感じるメリットでしょうか。
書いているだけでも素晴らしい素材。

しかしながらデメリットももちろん。
〇材料の配合の精度が必要
〇塗り場の環境により施工後の状態が変わる
〇塗り手の技術により表現の幅が変わる

ことでしょうか。
やはり仕上げモルタルのような感じもしますが、モルタルと似て非なるモノ。
製品の性質を理解していないと難しそう。
また、施主様や設計側もそのことを理解し、表現豊かなモールテックスの雰囲気を
楽しめる感性が大切かもしれませんね。

モールテックス MORTEX 防水試験

そんなモールテックスを今回は玄関土間に施工。
なぜ玄関に?

解体後、施工中の様子。
分かりにくい写真ではありますが、玄関と廊下、部屋との取り合いの様子。
リノベーションの流儀としては、躯体はそのまま、内装を一新させる手法が多いけれども、
使えるところは使う、少しでも予算を抑えたいというが実状ではないでしょうか?

img_9811
そうすると玄関廻りって結構迷うのです。
・従来の玄関ステップより広がったり、狭くなったり。
・タイルは味があって使いたいけど継ぎ足しができないし。
・壊して新設するのも解体費用やタイルの材料等の費用もかさむし。
・既存のステップを補修しようかと思っても、玄関ドアとの取り合いも悪いし。
等々…
多くの悩み事があります。

そんな悩みを解消してくれたのがモールテックス。

モールテックス玄関土間 MORTEX

施工のステップはNO.2にてご紹介。

岐阜市フラット35適合証明業務

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて今回は、フラット35の適合証明書発行の為の検査・診断で岐阜市より稲沢市に参りました。

今週はずっと天気がすぐれなかったのですが、何とか雨がしのげて運が良い。
マンションの検査の場合、外周部、外観の検査がメインとなるので雨はホント困ります。

そんな空模様。

img_2450
10階建のマンション。
双眼鏡が必要となりますね。

双眼鏡を覗きながらウロウロしてますので、若干住民の目が気になります。
最近は防犯カメラもついているし…
然し、そんなことは言ってられません。
しっかり見ます!

築年数の割りにエフロレッセンス(白華現象)が散見されます。

こんな様子。

img_2448

程度は浅いのですが、若干雨水の侵入があるのでしょうね。

と言いますのも、エフロレッセンスのメカニズムとしては、
水が目地やタイル裏面の石灰成分を溶かし、
水酸化石灰となり滲み出てくるのも。
全体に及ぶ前に早めに対処したいですね。

こんな状態でフラット35の借り入れができるの?
とお思いの皆様。

結論、可能です。

マンションの場合だと、コンクリートが剥がれ、鉄筋の露出が無ければ外部としてはまずO.K。
その他の基準で言うと、管理規約にある、修繕計画が20年以上に設定されていれば良いのです。

この様な現象が出てきても、皆で対処しましょうと計画がなされているのですね。
裏を返すと、ある程度年数が経てば、このような現象が起こるという事。

戸建でも変わらず、現状、現象を把握して住まいのメンテナンスをしていきたいですね。

因みに、長期金利がまだまだ上がる様子も無いので、
お借入の際はフラット35も検討されると良いかもしれませんね。
借り換え等は効果覿面かも!?
5年ないし、10年固定期間が満了されるかたは検討しても良いかもしれませんね。

そんなお得な情報は10月21日モリコロパークのセミナーにてお話ししちゃいます。
ご興味あられる方は是非ご参加下さい。

https://www.renovation-org.com/expo/2016/area/tokai

 

 

定例勉強会

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて、毎月開催されています、ネクスト名和・マルホデザイン合同勉強会。

今回は、ノーリツから発売のハイブリット給湯器について学びました。

img_2443
眠たくなる時間帯ですが、皆頑張っています。

製品の説明の前に、今の環境を取り巻くエネルギー事情の話はよくよく耳にしますが、
改めて聞くと「何かせねば」と感じてくる。

先日の新聞紙面にも掲載された、もんじゅの廃炉の決定。
海水浴何かに行くと、ここが<もんじゅ>かぁ位しか思っていなかった学生時代が懐かしく思いますが、
エネルギーのあり方にここ最近、変化が顕著である。

一番大きな変化は電力の自由化でしょうか。
携帯会社等での販売のCM等よく見ますね。

その背景としては、国策での住宅の省エネ化の影響も大きいでしょう。
特定のエネルギーに依存しない暮らしが注目されています。

ZEH(ゼッチ)という言葉もちょくちょく出てきましたね。
ゼロ・エネルギー・ハウスの略称。
省エネルギー基準を満たしてくると、消費エネルギーが減ってきます。
その消費エネルギーと太陽光発電システム等の創エネで相殺して、
ゼロにしていこうという政策。
実に環境にやさしい発想。
2020年の新築からは、その省エネ基準を満たす住宅が義務化となってきます。

然し乍ら、2020年からどれくらいの新築が着工されていきますでしょうか?
住宅自体、供給過多になっているのに、新しいモノへの投資が過ぎるのではないでしょうか。

この省エネ化、電力の自由化を発端にじわじわと電気代が上がってきています。
現状を聞いてびっくり。

10年前、オール電化住宅に対し、Eライフプランというものをお勧めしてきました。
当時、深夜電力が日中の1/4になりますよ!というのが最大の売り文句。
エコキュートを採用する人にとってはありがたいプランでした。

しかし、現在では日中の電気代の1/3程度。
十分安いのですが、実質2割程電気代上がっています。
そして更に衝撃なのが、Eライフプランの9月末での新規受付終了。
新料金プランに変わりますが、実質値上げですよね。

新しい省エネ住宅にZEH対策がなされていれば、
今まで以上に光熱費等の心配はいりませんが、
何せ、その他大勢の居住者にとっては負担増。

最新の省エネ家電等もありますが、住宅の断熱化がしっかりしていなければ
エネルギーは逃げる一方。
私自身、現在の住まいでも必要十分ではあるのだが、
不適格の烙印を押されたようでやるせない。

住宅の断熱化。
今後とても重要だと思う。
然し乍ら施工技術がモノをいう。
10月のブログは断熱特集でいこうかと思います。

とそんな事を考えていたら全然商品の事が頭に入って来ませんでした。
商品はガスと電気のいいとこ取り!
後日案内致します。

 

ユニットバスとメンテナンス

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

ユニットバスの仕様打ち合わせ。
今回はLIXILさんへお邪魔しました。

ユニットバス一つとっても迷いますよね。
製作しているメーカーは様々…
LIXIL、TOTO、タカラスタンダード、クリナップ、トクラス…等々
対応しているメーカーさんは沢山あります。

何が一番良いの?と聞かれますと、お客様のご要望をしっかりと聞きます。
各メーカーさん、お勧めポイントが異なりますので、一番のポイントがマッチするかを考えます。
企業によっては〇〇がお値打ちだとか、これが今だと一番お勧め等ありますが、
「暮らし方」を前提に考え決めていきます。
決まった形を造ると分かりやすいけれども、かゆい所に手が届かない。
そんな要望にもお応えしたく、幅広い視野で考えて行きたいですね。
ですのでショールームはあくまでイメージ。
お好みのスタイルにカスタムします。
あまりショールーム内では言えませんが…

さて、ショールームでの打ち合わせ。
ここでも気になる私はショールームへ同行。
やはり土日ともあると、大変な賑わいをみせています。

打ち合わせも専属の女性スタッフと打ち合わせをされている方もいましたが、
人手が足らず私が案内。

然し乍ら良かった。
他のお客さんの様子を見ていると淡々とした様子。

それもそうであろう。
事前に間取りを渡しておくのですが、イメージが共有できない。
窓の高さ、脱衣場の色のイメージ、生活動線‥等。
お客さんに説明を求めるのも難しい。
何となくプロセスに沿って型にはめて行く感じ。

もどかしい…

他はさておき、実際の大きさイメージが共有できるのは良いですね。
アイデアやイメージが次々連想されます。

今回の打ち合わせイメージはこれ。

img_2432

ざっくりとした木目がカッコいい。

こんなアイデアも。

img_2434

印象が全然違う。
この様なアイテムがあるのも嬉しい。
お客さんとも楽しめました。

詳細の仕様も決め、大凡完了。
あとはCGパースで表現です。
楽しみ。

個人的にユニットバスはメンテナンス性が高い為お勧め。
機能とデザインのバランスもありますが、デザインも許容範囲になってきました。

因みにユニットバスの床下空間はこんな感じ。

img_2411

築20年程度のユニットバスですが、防水性も高い為、
床下も乾燥状態に保たれています。

デザインと機能のバランスは大切ですね。
これからも欲張りにいきたいです。

 

20 / 32« 先頭...10...1819202122...30...最後 »