診る

住宅医による住宅診断(ホームインスペクション)がなぜ必要なのか

  • 01
    長く住まう為に

    中古住宅の検討には、価格や広さ、立地条件など多くの条件がありますが、住宅の健康状態はどうでしょう?マルホデザインでは改修施工技術に優れた住宅医の資格を持つ建築士が住宅全体を検査・診断を行い、住まいを長持ちさせるアドバイスを行います。

  • 02
    適切な予算組みのために

    現在、日本では国が既存建物の性能向上を呼びかけています。
    住宅診断をすることにより適切な補修箇所を見極めることができ、資金計画がしやすくなります。
    マルホデザインでは木造・RC造(鉄筋コンクリート造)に関わらず住宅診断を行うことが出来るため、幅広い建物に対してさまざまなアドバイスをすることが出来ます。

中古住宅購入の際の住宅診断

屋内外の劣化状況や傾斜などの検査をし、建物の現況を知ることが出来ます。
病院に例えると健康診断にあたり、購入前に行うことで検討物件に大きな問題があった場合、未然に回避することが出来ます。
家の状態をよく知った上で購入を決めるため、今後の修繕の目安が分かり資金計画が立てやすくなります。

  • こちらの住宅診断はこういった方におすすめです

    ・購入するにあたり、住宅に問題がないか第三者の意見がほしい方

    ・住宅の修繕箇所、改善点など物件価格以外にかかる費用が知りたい方

    ・住宅の構造、設備など本質的な性能が知りたい方

  • 実際に住宅診断をした方のお声

    ・木造の住宅診断だけではなく、RC造もみてもらえたのは嬉しかった。

    ・診断をしたことで、物件購入後の費用の見通しがついた

家をつよくする住宅診断

住宅の耐震性能を知りたい場合や、住宅の耐震補強計画の事前調査として行います。病院に例えると精密検査にあたり、屋内外の劣化状況や傾斜検査にくわえ、図面や現地を見て住宅の構造確認をします。
必要に応じて補強箇所・内容のアドバイスも行います。

  • こちらの住宅診断はこういった方におすすめです

    ・昭和56年以前の建物に住んでいて耐震面が不安な方

    ・住宅の修繕箇所、改善点などを知りたい方

    ・住宅の構造、設備など本質的な性能が知りたい方

    ・どのタイミングで、どこにどのくらいのお金をかけてメンテナンスをすればよいか見通しを立てたい方

  • 実際に住宅診断をした方のお声

    ・天井裏の梁のボルトの緩みが発覚した

    ・改善点のアドバイスが大変参考になった

快適化を目的とした住宅診断

大規模なリフォームや、リノベーション計画の事前調査として行います。
屋内外の劣化状況や傾斜検査、耐震診断に加えて省エネ、バリアフリー、安全性など住宅の性能・資産価値をより良くするためにどこをどのように改修するといいのかを調査・アドバイスします。

  • こちらの住宅診断はこういった方におすすめです

    ・築年数が古い住宅に住んでいて、修繕箇所や改善点などを知りたい方

    ・夏でも冬でも快適に過ごせて、さらに光熱費も抑えれるような家にしたい方

    ・室内のバリアフリー化をお考えの方

    ・住宅内や近隣住宅などで火災が発生した際、火災感知器や警報機の適切な設置、避難経路の確保についてお考えの方

  • 実際に住宅診断をした方のお声

    ・バリアフリーというと段差だけの話かと思ったが、廊下の広さやトイレの広さなど色々な項目があるのに驚いた

    ・1年中安定した室温になったため、とても快適に生活出来るようになった。