織田家菩提寺崇福寺と岐阜城下の河原町をぶらり

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン・スタッフMです。

ぎふ信長景観賞 風景・まちづくり部門を受賞された
織田家菩提寺である崇福寺さんに少し前にお邪魔してきました。

この日は素晴らしい青空で、そこにそびえる石柱は堂々としていました。
IMG_9441

IMG_9439
IMG_9435

授賞式で住職さまがお話されていたとおり、広い道幅に綺麗に整えられたお庭がありました。
お寺の中は撮影が禁止されているのでぜひ現地でお楽しみ下さい。
いろいろな歴史的なものが展示されています。
その中でもテンションが上がったのが、信長直筆の書と血天井。

血天井はみどころです。すごいです。
あんなにくっきり大量の血天井ははじめて見ました。
その時代に生きた人たちの信念と生き様が刻み込まれているようです。

お寺の中を見た後は、中庭を拝見。
こちらも写真には撮れなかったのですが、手入れが行き届いており、素敵な空間でした。
お庭だけの拝観も可能なようです。

その後は岐阜城下にある河原町もぶらり。
十八楼さんの新しいレストランが出来てました。
雰囲気が素敵でした〜

IMG_9444

近くでは古いお宅の改修工事中。
お昼時というのもあり、誰一人いなかったので外からしばらく見学してしまいました。
やっぱり梁がすごい!

IMG_9461

2km近く続く、三重県亀山市の宿場町・関宿!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン・スタッフMです。

久々の宿場町めぐりをしてきました。
場所は三重県亀山市、関宿。

692A9796

ここは2km近い昔の町並みが残っているという宿場町好きにはたまらない場所です。
これだけ長い距離が残っているなんて天にものぼる気持ちです。最高!
しかも長い宿場町で有名な奈良井宿(長野)ほど観光地化されていない、穴場中の穴場。

こういった家の並びはどの宿でも見られるのですが、
それぞれどこか雰囲気が違うのでテンションが上がります。
上から見られるという配慮があるのも嬉しいところ。
6180880432_692A9766

面白い瓦を発見。文字が入っています。
692A9778

元薬屋さんではサンプルの薬瓶がディスプレイされていました。
瓶の形状がレトロ感満載です。
中身…大丈夫なのかな…。
6180880432_692A9747

視線を感じると思ったら瓦の上に神様がいたり。
6180880432_692A9801

朽ちゆく姿に寂しさを感じたり。
692A9786

地元の人とお話をすると、やはり人口流出が著しいそうで空き家もあるとのこと。
もっと観光地化すればどうにかなるかもしれないけど、その体力がねえ…と苦笑いするおじさま。
宿場町好きとして何かお手伝いする方法はないかな、と考えさせられました。

そう言えば「関の山」という言葉を皆様ご存知かと思いますが、
この言葉は関宿発祥だそうです。

関宿ではお祭りの際に山車(だし)が使われるのですが、
この山車がなんとか通ることの出来る道のくびれた部分があります。
建物すれすれを山車が通る様子からこれ以上はない、目いっぱいだ、
という意味で使われるようになったそうです。
そしてそのくびれ部分の写真を撮り忘れました…しまった…!

気を取り直して、お昼ごはんは関宿で有名なおこわやさんです。
自家製のおかずがちょこちょこたくさんついてきます。
おこわも優しいお味で美味しくいただきました。

6180880432_692A9740

宿場町に満足したところで、時間もまだあると思い急遽三重県松坂市まで。
目的地は御城番屋敷。
松阪城下のお武家屋敷です。現在も人が住まわれています。

屋根はひとつづき。堂々たる風貌。
これは松阪城跡から見下ろした景色です。
692A9913

高い生け垣が住宅を囲んでいて、中は見えません。
夕方に訪れたからか、堂々たる姿でありながら流れる空気はひっそりとしています。
正面の石垣は松阪城のもの。
692A9903 copy

こちらはおそらく雨水の吐き出し口。
瓦が使われていて、見た目も良いのはもちろんですが、通る人への配慮を感じます。
692A9897

その後は梅を見たり。
692A9837

四日市市の工場夜景を見たり。
6174620416_692A9929

充実した1日でした!

美味しい物を食べに行く④

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン スタッフKです。

慌ただしく3月が始まりました。
他のスタッフは殆ど現場などに出ずっぱりで、
中々ブログも書けていなくて、
中々ゆっくりと話したり出来ていません。
少し寂しいですが、お仕事を頂けているという事はとても有難いことです。

さてさて
美味しいものを食べに行くシリーズです。
このブログ記事が続いて飽きている人もいらっしゃるかも‥

先日、法事がありました。
3歳から89歳まで幅広く集まり、大変賑やかな時間を過ごす事が
出来ました。
3歳から87歳まで満足出来るお食事処という事で、
父と母がセレクトし、
今回岐阜の元町にある『後楽荘』で皆でお食事をさせて頂きました。
どれも美味しいお料理ばかりなのですが、
特に感動したのが、『お子様ランチ』!
こんな豪華で美味しそうな『お子様ランチ』見た事が無かったので、
思わず、写真におさめてしまいました。

その『お子様ランチ』がこちら!!
IMG_9588
美味しそうでしょう~
子供が好きなエビフライやハンバーグ、フライドポテト、卵焼き、マグロのお刺身…
大人の盛り付けと同じ様に盛り付けてくれて、
子供達も大満足でした。

美味しいだけでは無くて、
お料理を目でも楽しめて、最高の時間を過ごせました。

美味しいものを食べに行く③

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン スタッフKです。

美味しいものを食べに行くシリーズ➂です。

今の季節美味しい果物といえば…??

そう!苺。
今が旬の苺。
最近いちご狩りに行った人の話をよく聞きます。
行きたいな~行きたいな~とずっと思っていて、
やっと実現しました。

パパは残念ながら行けなかったのですが、
娘と2人でいちご狩りに行ってきました。

こんな近くにイチゴ狩り出来るところがあったんだ!と驚き。
行った場所は、
本巣市にある【つみつみいちごファーム】。
イチゴ狩り
【濃姫】という品種が食べられます。
スーパーで買うイチゴより摘みたてイチゴは甘い!
バクバク食べられます。
まだ未就園児の娘は無料。
無料申し訳ないな…と思う位、大人並みに…いやっ大人以上に
食べていました。
IMG_9483

開始10分で20個程たいらげた娘。
途中で座り込み、食べ始めました。
「どうしたの?」と聞いたら、「ちょっとお腹痛いから座って食べるわ。」
お腹痛いのに、食べる事をやめず、
座って食べるという選択をした我が子に驚愕。
それだけ美味しかったという事なのでしょうか…

帰りは「もうお腹いっぱいで歩けんから、抱っこして。」と言われ、
大急ぎで車に乗って帰りました。

美味しくて、娘の成長を感じられた愉快ないちご狩り体験でした。
また来年の旬の時期に行きたいです。
 

美味しいものを食べに行く②

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインのスタッフKです。

美味しいものを食べに行くシリーズの第2弾です。
先日、四日市に行く用事があり、中々行かない土地なので、
折角だから美味しいものを食べよう!と
四日市のご当地名物と言えば…B級グルメでも有名な『とんてき』!
その中でも有名店『来来憲』に行ってきました。

幼少時代に豚の丸焼きを食べて依頼、豚肉と脂身が苦手なのですが、
折角だからと初挑戦!

『とんてき』は大きいサイズの豚肩ロース肉をニンニクと秘伝のソースで
焼き上げたものです。
こんな感じ!どーん!!(一瞬で無くなってしまったので、画像はお借りしました)
とんてき

食べる前は絶対食べれん脂だ…と思ったのですが、
口に入れてみると全く脂っぽくない!
肉の旨味が溢れ出て、白いご飯にピッタリ!
とっても美味しかったです。
秘伝のソースも甘すぎず辛過ぎず、白御飯に合う!!!合う!!!!
3歳になる娘も美味しい物は分かるのか、
「本当に3歳ですか?」と尋ねたくなる程、バクバク食べていました。

ご当地で食べる本場の『とんてき』美味しかった。
あの味、忘れられないです。
四日市に行く機会なんて滅多にないけど、
また絶対食べに行きたい!!

2 / 512345