【住宅診断】床下診断って一番緊張します!!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて、2月より住宅診断ラッシュ!!
先日も中村区にて診断させて頂きました。

この住宅診断、検査項目自体は沢山なるのですが、
やはり一番は床下診断が一番緊張します。

先日のブログの既存住宅状況調査や瑕疵保険検査と違い、
マルホデザインでの床下調査は、基本、侵入出来るところまで。
上記の二つは点検口から覗くだけなのですが、本当の瑕疵はそこに非ず。
しっかりチェックしたいですよね。

また、立会者様がいらっしゃると、より緊張します。
床下でのうめき声…物音…異様な光景ですしね、
床下の状況がどうだったかが一番皆様気にされています。

然し乍ら、一番汚れるので調査は最後。
焦らしてる訳ではありませんので悪しからず。

最近の調査は、建築年数が浅いせいか、底板にコンクリートが打ってある仕様に良く当たります。

IMG_7945

今回の基礎下はとても快適!!
築浅の物件で一つ見るポイントは、土台~底板までの距離でしょうか。
長期優良化リフォームや、劣化対策、維持管理として土台~底板までを400mm以上と定めております。
湿気での部材の傷みを懸念しての事ですね。
広い基礎下は移動もしやすく調査も楽。
物件内覧等をされる人は床下を見てみるのも一つかもしれませんね!

因みにこれが床下点検口

床下点検口

よくキッチン廻りに見かけますよね。

覗くとこんな様子。

床下調査

こちらは、軽量鉄骨の場合。

更に奥まで潜って調査すると…

床下 白蟻 蟻害

水廻りには劣化事象が良く見かけられます。
やはり点検口周辺で無く、しっかりと全周検査。
お勧めしたいですね!

と、潜っている私もドキドキ。
「どうか何もいないでーーー」と毎回願っております。
狭小空間での格闘。
夏場も頑張ります!

【移行講習】既存住宅状況調査技術者講習とは何ぞや?って講習を受けて来ました!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

昨日は名駅にて「既存住宅状況調査技術者講習」を受講して来ました!

って名前ながーーーーーいコノ講習。
何ですか?
説明するだけでも舌が噛みそうな名前。
以前もお客様に説明する際、長々しい名前ながらも頑張って説明しておりましたが、
簡単に言うと、住宅診断(インスペクション)の一部です。

昨年の宅建業法の改正により、建築士や施工管理技士の資格を持った人達が行う調査。
これらの説明などが必須になって来たんですね。
現在は移行期間として努力義務とされていますが、平成30年4月には完全施行。
一般的な取引の際に、住宅診断(インスペクション)の可否や結果等の報告が義務化されます。
宅建の業法の改正の話も以前触れていたのでご参照を。

そんな業法改正に伴い環境整備。
以前私は「既存住宅現況検査技術者」でしたが、
これからは「既存住宅状況調査技術者」へ。

分かりにくい…。

然し乍ら、国交相絡みの講習も名駅の再開発に伴い貸事務所も増え、アクセスも良好!
最近は助かってます。
と、昨日は電車のダイヤも乱れ、15分遅れ。
駆け足で向かいます!

会場はココ!!

既存住宅現況検査技術者講習

TKP名古屋駅前カンファレンスセンター!
国交省絡みのセミナーは最近ココです。

と写真はここまで…
写真撮影、録音等は厳禁。
即退出。
またテキストも著作権の登録の兼ね合いで公開出来ません。

ざっと大まかな内容は、
〇宅建業法が改正され、重要事項の説明に大きく絡んでくる事。
〇住宅診断項目も、国のガイドラインから業法で施行されてくる事。
〇オプション検査の区分けがはっきりしてきて検査費用が上がる!?

といったところでしょうか?
参加者さんの中でも、手間、時間の掛かる割りに重要視されていないとの声もチラホラ。
しかし、待った無し!!
平成30年4月から変わってきます。

そんな内容もちょこちょこ綴っていきますね!!

【仕上もイロイロ】漆喰の木鏝(木コテ)仕上げサンプルを作ってみました。

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

最近、漆喰の効果に改めて驚きを感じております。
事務所も『カルクウォール』というスイス漆喰を塗っているのですが、
やはり空気の自浄作用がスゴイ!!

昨日も笑顔工房にてパン教室を行なっていましたが、
2時間もするとパンのニオイも気にならない位に。

そんな事を毎回お勧めしますが、やっぱり体感しないと分からないもの。
最近もお客さんに、
「半信半疑でしたが、やって良かった!」
「こんなに違うと思わなかった!」
なんてお声を頂けたので嬉しく思うのと、効果を実感している次第です。

そんな漆喰も仕上げが様々。
職人さんの手によっても様々。
オンリーワンなモノが出来るのも楽しみですよね。

今回は木鏝の雰囲気を出したいのでサンプルを作成!
(と言ってもお願いしてます。)

IMG_7741

少し下が切れてしまいましたが、骨材を0.5mmと小さなモノに、
木コテ仕上げ&金ゴテ押さえで仕上げました。
木コテ独特の粗さに、金コテの滑らかさ。
面白い!!

IMG_7740

こちらは骨材を1.5mmでの木コテ仕上げ。
こちらも面白い!!
粗々しさが陰影を印象付けます。

やっぱいいわーと思ってましたら、事務所の仕上げもまちまち。

IMG_7742

よく見る形かもしれませんが、これも金コテ仕上げ。
模様が付いています。
レトロなミシンと一緒にパシャリ。

IMG_7743

こちらは櫛引(くしびき)。
横に刷毛等を使い模様を付けます。
ミミたろうと一緒にパシャリ。

コーナー部分ですからね、仕上げも難しい。
他の部分も見てみると表情も違う。

IMG_7744

面白いですね!!
そんな漆喰も、
「一度模様を付けたら直せないのでは?」
と思いがちですが、修正、メンテナンスはし易いのです!

以前も漆喰にコーヒーをこぼしてしまった話をブログで綴りましたが、
削ったり、上塗りしたりして手を加えられるのが楽しさの一つです。

さぁ他にも試してみよう!!

【リノベの切り札】モールテックスの土間仕上げをしました!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

予てより紹介しております、ベルギーの仕上げモルタル『モールテックス』。
今回も土間仕上げに使いました。

やはりモールテックスの魅力である、
〇仕上げの薄さ(僅か1~2mm程度)
〇下地を選ばない施工性
〇強度が強い(一般的なコンクリートの5倍)
〇防水性能がある
そんな機能を知るほど、活用したい!そんな気持ちになります。

今回、一宮市にて自宅の一角を英会話教室へのリノベーションの計画を施工中なのですが、
玄関ステップ、毎回悩みます。
自宅の一角を…や小スペースでの土間を作る。
下地を作ったりするのが大変なのです。
また、マンションの土間の様な段差が少ない所では、その数ミリ、数センチの段差を確保する為に思考を凝らします。

もう一つ、施工方法もありますが、コスト、手間が重要。
施主様に取って、施工方法は分かりにくいものの、しっかりと施工しコストは抑えて欲しいもの。
バランスって難しいですね。

と、そこで登場したのがモールテックス。
下地を選ばないので、既設の床下地、パーチクルボードの上から施工。
また、上がり框もR形状(丸形)を一から成型するとコスト高になってしまう為、
上り框も木で製作。
大工さん有難う!

下地が仕上がったらプライマー塗り。

IMG_6416

24時間乾燥後…
毎度お馴染み、電子計りの登場!
数量を指定通りしっかりとしないといけないのがポイント。

IMG_6483

塗り面積相当の骨材に対して撹拌材を決定。

IMG_6485

本来はココで顔料を投入し、色を決めて行くのだが、今回は素材の色を活かす!
そのまま施工しました。
キレイな色です。
モールテックスの施行事例を様々見ますが、あまり無いのではないでしょうか?

IMG_6486

仕上は2回塗りで1層。
フレスコ塗りと言う特殊な方法で塗り上げ、仕上げオイルで完成!

IMG_6487

土間の活用使えます!!

その他にも土間仕上げした事例はコチラ

続きの記事も。

是非ご参考下さい!!

【イベント情報】楽しく知る『中古住宅+リノベーション』vol.3 無印良品にて

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて、先日ご紹介させて頂きましたセミナーのご報告ですが、その第3弾の詳細が決まりましたのでご連絡です!

キャプチャ

次回は5月27日(土)13:00~
書いてある通りかもしれませんが、リノベーションのわかりやすい基礎知識や事例紹介や、体験者様のお話しなど、
ビギナーの方から検討されている方まで楽しめる暮らしのセミナーです!
個人的にはリノベ済の方も、他の方の事例を参考に、更なるパワーアップもできるかと思います。
是非是非ご参加を。
お席に限りも御座いますが、ふらっと立ち見でもO.K!
限定の資料等が欲しい方は是非予約を。

マルホデザインは最新のリノベ実例を掘り下げて紹介!
先日のブログで書かせて頂きました長期優良化リフォームのお話しや、染色したフローリングの事例をご紹介したいと思います!

暮らしを育む
共に造る

そんなマルホデザインの根っこの所をご紹介できるかと思います!
お楽しみに!

170527_nagoyameitetsu_sub01