岐阜市リノベーション 下準備

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

岐阜市リノベーション、着々と進行中です。
そんな現場の下準備をご紹介。

下準備って?
様々段取りがあるのです。
リノベーションですと、新築と違い、解体後に分かる事情もちらほら。
梁の掛け方や配管の納まり、仕上げで隠れてしまった傷んだ箇所など。

img_3695

こちらは浴室入口付近の柱。
想像以上に腐食している。
そんな様子を一つ一つ確認。

施主様もご同行の上での確認。
現状把握はやはり大切です。
机上の話では分かりにくところも。
壁が無くなると眺望や、日当たりの変化も確認できますしね。

dsc_2780

下準備の一つに欠かせないのがレベル合わせ。
床の仕上がり高さを確認、決めて行きます。

今まで分かれてた部屋が一つになったり、一つの空間でも間仕切りしたり。
基準となる高さがあるから表現出来ること。
その起点となる高さを出して行きます。

img_3859

大工さんとの高さ決め。
高さが決まると、その高さに合わせ、スイッチやコンセントの配線が先行してできるんですね。
今回は耐震補強や断熱工事もあります。
後から電気配線をすると、必要のない所に穴を開けたり、壁を切ったりと
色々なロスが発生します。
段取り、納まり良く工事を進める。
急ぐ訳ではありませんが、施主様にとっても貴重な時間。
一日でも長く快適な生活を迎える事のできるお手伝い。
下準備は大切です。

Posted by

RELATED POST