耐震補強工事 〜高さ決め編〜 

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン 名和です。

土岐市の耐震補強工事。
着々と進んでおります。
嬉しい。

解体工事も粗方終わり、図面、仕上げ段階では分からない様相をまじまじと観察。
ふむふむ。
補強内容を精査していきます。

と同時に次のステップへ。
完成予想図をイメージしながら事前に下ごしらえをしていきます。
今回は電気配線。

電気配線といっても、高さって重要ですよね。
そうです、全体がスケルトンの状態から仕上げの高さを決め、
全体のコンセントやスイッチの配線をしていきます。

特に今回、耐力壁を設置する箇所は要注意。
後から施工する事も可能ですが、仕上げコストアップの懸念も。
家具レイアウトイメージをしながら、慎重にコンセント位置を検討していきます。

今回はここまで。
基礎屋さんとの打ち合わせも順調に終わり一安心。
明日からも頑張ろう!