2km近く続く、三重県亀山市の宿場町・関宿!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン・スタッフMです。

久々の宿場町めぐりをしてきました。
場所は三重県亀山市、関宿。

692A9796

ここは2km近い昔の町並みが残っているという宿場町好きにはたまらない場所です。
これだけ長い距離が残っているなんて天にものぼる気持ちです。最高!
しかも長い宿場町で有名な奈良井宿(長野)ほど観光地化されていない、穴場中の穴場。

こういった家の並びはどの宿でも見られるのですが、
それぞれどこか雰囲気が違うのでテンションが上がります。
上から見られるという配慮があるのも嬉しいところ。
6180880432_692A9766

面白い瓦を発見。文字が入っています。
692A9778

元薬屋さんではサンプルの薬瓶がディスプレイされていました。
瓶の形状がレトロ感満載です。
中身…大丈夫なのかな…。
6180880432_692A9747

視線を感じると思ったら瓦の上に神様がいたり。
6180880432_692A9801

朽ちゆく姿に寂しさを感じたり。
692A9786

地元の人とお話をすると、やはり人口流出が著しいそうで空き家もあるとのこと。
もっと観光地化すればどうにかなるかもしれないけど、その体力がねえ…と苦笑いするおじさま。
宿場町好きとして何かお手伝いする方法はないかな、と考えさせられました。

そう言えば「関の山」という言葉を皆様ご存知かと思いますが、
この言葉は関宿発祥だそうです。

関宿ではお祭りの際に山車(だし)が使われるのですが、
この山車がなんとか通ることの出来る道のくびれた部分があります。
建物すれすれを山車が通る様子からこれ以上はない、目いっぱいだ、
という意味で使われるようになったそうです。
そしてそのくびれ部分の写真を撮り忘れました…しまった…!

気を取り直して、お昼ごはんは関宿で有名なおこわやさんです。
自家製のおかずがちょこちょこたくさんついてきます。
おこわも優しいお味で美味しくいただきました。

6180880432_692A9740

宿場町に満足したところで、時間もまだあると思い急遽三重県松坂市まで。
目的地は御城番屋敷。
松阪城下のお武家屋敷です。現在も人が住まわれています。

屋根はひとつづき。堂々たる風貌。
これは松阪城跡から見下ろした景色です。
692A9913

高い生け垣が住宅を囲んでいて、中は見えません。
夕方に訪れたからか、堂々たる姿でありながら流れる空気はひっそりとしています。
正面の石垣は松阪城のもの。
692A9903 copy

こちらはおそらく雨水の吐き出し口。
瓦が使われていて、見た目も良いのはもちろんですが、通る人への配慮を感じます。
692A9897

その後は梅を見たり。
692A9837

四日市市の工場夜景を見たり。
6174620416_692A9929

充実した1日でした!

美味しいものを食べに行く②

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインのスタッフKです。

美味しいものを食べに行くシリーズの第2弾です。
先日、四日市に行く用事があり、中々行かない土地なので、
折角だから美味しいものを食べよう!と
四日市のご当地名物と言えば…B級グルメでも有名な『とんてき』!
その中でも有名店『来来憲』に行ってきました。

幼少時代に豚の丸焼きを食べて依頼、豚肉と脂身が苦手なのですが、
折角だからと初挑戦!

『とんてき』は大きいサイズの豚肩ロース肉をニンニクと秘伝のソースで
焼き上げたものです。
こんな感じ!どーん!!(一瞬で無くなってしまったので、画像はお借りしました)
とんてき

食べる前は絶対食べれん脂だ…と思ったのですが、
口に入れてみると全く脂っぽくない!
肉の旨味が溢れ出て、白いご飯にピッタリ!
とっても美味しかったです。
秘伝のソースも甘すぎず辛過ぎず、白御飯に合う!!!合う!!!!
3歳になる娘も美味しい物は分かるのか、
「本当に3歳ですか?」と尋ねたくなる程、バクバク食べていました。

ご当地で食べる本場の『とんてき』美味しかった。
あの味、忘れられないです。
四日市に行く機会なんて滅多にないけど、
また絶対食べに行きたい!!

非日常的を楽しむ

明けましておめでとうございます。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインのスタッフKです。

今年も宜しくお願いします。

楽しい楽しいお正月も過ぎゆき、
いよいよ新しい年が始まりました。
どんなお正月を過ごされましたか?
我が家はお正月、日常を忘れる為、
非日常の世界へと旅に出ました。

そこは【京都】。
無計画でふらっと訪れたのですが、
とても素敵なお店に巡り合ったり、
美味しいお料理を堪能したり、
非日常を楽しんできました。

街中は初詣の方で混雑していたのですが、
小道にある【祇園NITI】という喫茶店に入ったら、
外の賑わいは何だったんだろうという位、
その店内はとても静か。
古い町家を改装した喫茶店は
和モダンな雰囲気で、落ち着きがあって
居心地がとても良かったです。
img_9062

img_9061

そこでは京風の白みそのお雑煮を食べました。
img_9072
白みその甘さがとてもお上品。
京都でしか味わえない一品に感動。
お家でも作ってみたい。作れるのかな?
そんな事を思いながら食べていたら、一瞬で無くなりました。

もう一品感動したのが、手焼きのおかき。
小さなお煎餅を小さな七輪で焼いて、
胡桃味噌やエビマヨネーズ、ゴマ味噌、ノリ等の
トッピングをのせて食べるもの。
img_9074
こちらも色々な味が楽しめて、
自分で焼くという作業が美味しさを倍増させてくれました。
また行ってみたいです。

店内のお花の飾り方もとても上品。
花の種類は少なくても、こんな豪華に美しく飾る事が出来るんだと勉強になりました。
img_9059

京都で非日常を楽しみ、リフレッシュしました。
今年も一年頑張れそうです!!

大名古屋ビルへ

こんにちは。スタッフKです。
以前こちらのまち歩きブログでスタッフMが大名古屋ビルの事を
記事にしていましたね。
完成してから行っていなかったので、
先日子供と一緒に散策に行ってきました。

友人達とご飯屋さんで集合。
土曜日で当日予約したにも関わらず、
個室が空いていて、かつ子供向けのお料理もあって、
そんなに高価ではない!
子持ち主婦には最高でした!!
個室なので、子供がいてもゆっくり話をしながら
ご飯を食べられました。
高島屋が入っているセントラルタワーは
土曜日予約なんて出来ないし、
ランチは信じられない位の長蛇の列なので、
まだ知られていないのか大名古屋ビルは
かなり穴場です!!

その後、5階にある庭テラスに移動。
こんなビルの中に驚くほど素敵なお庭!!
そして、人も割と少な目なんです!
img_8187
入口も一か所しかないので、
子供が走り回っても、安心。
そして、少し電車も見れるので
男の子は大興奮で遊んでいました。
img_8189
コーヒーショップが併設されているので、
大人は珈琲とおやつを買って、リラックス。
「こんないい所になったんや!また絶対来よ!!」と
友人と約束をして、都会を後にしました。

とても素敵な充実した休日を過ごしました。
今度はお弁当を作って、
パパと娘とビルのお庭でピクニックをしようと思います。

越前朝倉氏の遺跡に行ってきました

岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

こんにちは、スタッフMです。
三連休を使って北陸に行ってきました!

大まかに行った場所は下記3つです。
・一乗谷朝倉氏遺跡
・丸岡城
・東尋坊

 
一乗谷朝倉氏遺跡
世間では真田の人気が急上昇中ですがあえての朝倉氏です。
ここは戦国時代のものだと分かる資料が明確に残っているため
京都の金閣寺や広島の厳島神社に並んで国の三重指定を受ける遺跡となっているそうです。

というのも、ここ一乗谷の城下町は天正元年(1573年)に織田軍に攻められた際に
柴田勝家が火を放ったため、三日三晩火の海と化し、焼け野原になった場所なのです。
その後、柴田勝家は一乗谷とは別の場所に城を築城。
一乗谷の存在は忘れられ、田畑の下へと埋もれてしまったために
戦後までその存在を忘れられてしまっていたそうです。

谷の東側山麓には朝倉氏の館の跡が残っています。
img_9676-1-copy

この門は唐門というもので、豊臣秀吉が朝倉氏を弔うために建てた
松雲院の門を移築したものだそうです。
img_9679-1-copy

通りを挟んだ反対側には町屋や武家屋敷があったようです。
お城こそないものの、城下町の一部が復元されていて、
タイムスリップしたような感覚になります。
img_9664-1-copy

img_0949-copy

柱の再現もすごいです。
img_0946-copy

 

土日は近くの劇団の方々が町人の姿に扮して町中を歩いているそうで、
この日も当時の人の姿で本当にお野菜を売っていたり
突然に芝居が始まったりしてとてもおもしろかったです。
img_9670-1-copy

img_9666-1-copy

 

とある中級武士のお宅に入ると、劇団員さんが一芝居見せて下さいました。

写真右二人が親子なのですが、この父親がお殿様にお子様が生まれたというのを聞きつけて
ぐうたらしている息子に今すぐ求婚してきなさい!
思い立ったが吉日、ほらほら、支度をしなさい!とやりとりするお話です。
10分位の寸劇なのですが、当時の中級武士のぼやきや女中さんのぼやきなんかを
コメディタッチで見せて頂きました。
オチはご想像におまかせします〜
img_0955-1-copy

 

そしてここ、バーチャルタブレットの貸出しをしています。
今はスマートフォンでそういったものもありますが、あえての貸出し。
今回は全力で遺跡を楽しむと決めたので迷わず500円のタブレットをレンタル。

タブレットを遺跡に向けると、3Dで再現された建物が出現します。
四季を見ることも出来て、使ってみると思ったより楽しいです。
img_9682

近くには滝もあり、自然を満喫してきました!
img_9714-1-copy

ちなみにこの施設では大河ドラマの題材に朝倉氏をと署名活動をされています。
スタッフMも記名をしてきましたが、
朝倉氏で大河はちょっと題材が地味かなー?と思ったり思わなかったり。

 

近くには朝倉氏から伝わる一子相伝の健康酒があるとのことで
もちろん買ってまいりました!
もち米と十数種類の生薬から造った琥珀色のお酒で甘い香りがします。
品のあるおばあさんがお酒の説明を丁寧にして下さいました。
%e9%9d%92%e6%9c%a8%e8%98%ad%e9%ba%9d%e9%85%922-720x500
画像は福井県物産協会さんからお借りしています。

 
 

丸岡城
丸岡市にある平山城です。
img_9721-copy

内部の階段はとても急で苦戦している方が何名もいらっしゃいました。
お城の伝説では、人柱を立てたというお話が残っているそうです。
片目の未亡人のお静さんが、息子を士分に取り立ててもらうことを約束し人柱となったそうです。

しかし、信長の死後、清州会議により城主柴田勝豊は長浜城に行くことになり
息子は士分になれなくなってしまいました。
それを恨んだお静さんが大蛇になって暴れたそうです。
今も城内にお静さんの慰霊碑が残っています。

 
 

東尋坊
東尋坊と言えば火曜サスペンス劇場。
写真はあいにくの雨模様ですが、
波は高くないということで遊覧船に乗って海側から岩を眺めてきました。
小さい頃に来た時はもっと怖い場所のイメージだったんですが
今回は思ったよりこじんまりしているなあという印象。
img_9791-1-copy

遊覧船ではおじさんが見どころを話してくれたり、
あまりにも欲を出して岩の先まで行くと足が滑ってこっちに戻ってこれなくなりますよ〜
この間もそんな方がいました〜とブラックな話を交えつつ楽しい時間を過ごしました。
ちなみに東尋坊という名前ですが、これは昔ここの崖から突き落とされたお坊さんのお名前だそうです。
知らなかったー!

 

そして今回の目玉料理は魚介ではなくおあげです。
福井と言えば有名なのがこのおあげ。
iPhone6sと比べてこの大きさです。
img_9718-copy
スタッフMはこのおあげに完敗しました。
でも美味しかったです。ごちそうさまでした!

スタッフMでした。

1 / 212