提案資料と手描きパース

梅雨の季節ですね。
週末にあわせたかのように雨が降るのでお出かけするのも少しためらってしまうモトダです。

さて、マルホデザインではお客様に合わせて模型やCGパースなど、
色々な手法でご提案させて頂いていますが、
この度新メンバーに池冨士を迎えたことで手描きパースが加わりました!

これはそんな作業中の一コマ。
perspective

真剣にパースを描いている横でやんや言いながらカメラを構える私ですが
嫌な顔せず写真に撮らせてくれてありがとうございます!

このようにざっくりとした下描きを起こしたあと、清書をして着色をしていきます。
完成品はこちら。

perspective2

今回はオフィスリノベーションのご提案だったのでガラス表現が多め。
手描きパースの独特な主線と着色のぬくもりが大好きです。

手描きパース、CG、模型、色々なかたちがありますが、
新しい空間のイメージと共に、どうすればプレゼントの箱を開けるときのようなわくわく感を
お客様に感じて頂けるのか、日々試行錯誤です。

岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所 マルホデザインのモトダでした!

リノベーション 〜マンション編〜

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所 マルホデザインの池冨士です。

梅雨に入りましたが、気温の差が激しかったり 突然大雨が降り出したり、
毎日の服装や用意に頭を悩ませてしまいますね。

さて、今日は前回のブログで少しお伝えしました、マンションのフルリノベーション
の現場について経過報告です!

解体後、コンクリートの床がむき出しだったこの状態から…

IMG_0122

現在の様子です!

IMG_0334

ユニットバスが組まれ、防音床ができ、新しい間仕切り壁の位置が
だんだんとわかるようになってきました。
毎日大工さんたちが頑張っています!

ところで今回の工事では、すべての水廻り設備や壁を取り払いました。
いわゆる”スケルトン”リノベーションです。
すべて解体してしまうのだから、どんな間取りでも思うがまま!という
イメージもあるかと思いますが、実はいくつか難しい工事もあるんです。

例えば、

玄関ドアや窓などマンションの外観に関わる部分は共有部分と呼ばれ、
個人での変更はできません。
そのため、断熱性能の高い窓にかえたい!という場合は室内側にもう一つ
内窓を取付けるなどのご提案をしています。

IMG_0322

それから、コンクリートの梁は建物全体を支える構造体の為、
小さくしたり位置をかえたり、なんてことはできません。

梁の位置に合わせてを壁をたてたり、間接照明を取付けたり、
圧迫感を感じにくいような工夫をしています。

(完成後の写真を楽しみにしていてください!)

IMG_0320

そしてもう一つ、水廻りの移動もなかなか大変です。
マンションはパイプスペースという最上階から1階まで太い縦管が通っていて、
そこに各戸の排水管が繋がっています。
そのため、必要な勾配を設けることを考えると、元々の位置からあまりにも遠いところに
キッチンやトイレを配置しようとすると、床を上げなければいけなくなったり…
なんてことがおこります。

そんな諸条件をクリアしつつ、お客様の思いが詰まったお家になるよう、
こうしよう、あぁしようと間取りを練っております。

今回はそんな裏話!?でした。

また随時、経過をお伝えします!

リノベーションオブザイヤー模擬審査会を体験!!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン 名和です。

今回はリノベーション協議会東海部会の定例会に参加してきました!

会場は部会員でもあります名倉社長が荘長を務めるイズミソウで開催!
築52年のビルを再生したシェアオフィス、コミュニティスペースです。
本当にステキ!!

イズミソウ

実はオープン前にレセプションに参加。
子供も連れて行ったのですが、(私だけ…皆スーツの叔父様達ばかり…
『こんなのが近くにあったらイイのにね!』
とフライドポテトを貪っていました。
体験記はまた後日。

リノベーションオブザイヤー模擬審査会

さて、本題に戻り、リノベーションオブザイヤー模擬審査会のお話へ。
毎月、リノベーション協議会では定例会を行っておりまして、
今回は秋に向けて、リノベーションオブザイヤーのお勉強。

そもそも、リノベーションオブザイヤーって?

全国700社を超えるリノベーション加盟企業の事例の中から優秀作品を選ぶコンテスト。
価格帯別でエントリーが可能で2018年はおよそ200超えの事例が集まったそう。
リノベーションオブ・ザ・イヤーって?

今年は東海からのエントリーも増やし、全国1位のコンテストを開催したい!!
そんな意気込みで皆でお勉強です。

リノベーションオブ・ザ・イヤー模擬審査会

レクチャーして下さるのは勿論この方、
審査委員長の島原さん。
今年もレクチャー有難う御座います!

1000万未満の部&無差別級を審査してみる

さて、実際に審査してみるのですが、ずらっと並んだ事例が沢山…
選べるのか…

リノベーションオブ・ザ・イヤー模擬審査会

一人二票を持って付箋投票。
自身の凝り固まった評価、他の人の選ぶ様、目線が面白い。
どの事例も2018年の作品でノミネートされた作品ばかり。
ステキな事が分かっていながらも、自身が編集長となり、
世に出したい作品ピックアップ。

昨年の結果を知っている分、あえてその作品は避けるように投票するも、
グループから輩出される作品はやはり上位の作品ばかり。
だってライティングが上手いですもの。

リノベーションオブ・ザ・イヤー模擬審査会

と、これだけでは終わりません。
これから決戦投票。
各々のグループから輩出された事例を、
「なぜ選んだのか?」をPR。

リノベーションオブ・ザ・イヤー模擬審査会

説明に力が入るリノクラフトの今泉社長。
やはり、リノベーションを行う意義って大切ですね。

レクチャーの中でも話題になったのが
「争点」
どこのポイントで議論するのか。
世の中ね、争点のすり替えばかりでふわっとしてるなぁとも実感。

各々立場が違えども、広義の意味でリノベーションを盛り上げて行きたい。
そんな人達ばかりが集まる会だからこそ、みんな仲がよいとも感じました。
別の視点では、リノベーションは手段。
リノベーションを通じて、未来ある暮らし、地域を育てて行きたいですね。

と終盤にはブルスタの石井さんも飛び入り参加。

リノベーションオブ・ザ・イヤー模擬審査会

広報のヒントをご教授頂く。
やはりグットデザイン賞をいくつも獲得する目線は違う。

昨年はエントリーしませんでしたが、今年はチャレンジしよう!
どのお客様もストーリーが様々。
思い入れを持って、デザイン、暮らしのご提案をさせて頂いておりますが、
そんなストーリーが多くの方の思いに触れるような記事も考えてみたいと思いました。

岐阜支部会でもオブ・ザ・イヤー告知しよう。
そう感じた一日でした。

リノベーションスクール@岐阜 プレレクチャーに参加してきました!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン 名和です。

さて今回はリノベーションスクールに先駆けて開催されました、
プレスクール、株式会社REIDEX 明石さんのお話を伺いにじゅうろく徹明ギャラリーに。

5分遅れで到着するも超満員!!
これだけリノベーションに関心を寄せる人たちがいるだけで何だか胸が熱くなる。

リノベーションスクール@岐阜 プレセミナー

内容が濃すぎて興奮。
自身の妄想を言語化するとこんな感じかぁ!!
と共感キーワードが沢山。

また、こうなったらいいなってコトが実現していく様を疑似体験させて頂いた感じ。
表と裏。
事業を確立する為の多角化。
正に理想なスタイルだとも感じた。

一番は、心地の良い距離は半径200m。
本当にそう思う。

歩いて生活が完結出来る距離が200m以内に集約されていると
かなり心地よさを感じる。
そんな場所を自ら造る。
やりたい事を早く共有したい!
そんな悶々とした気持ちになりました。

然し乍ら、そんな発想、アイデアを形作るのは、
やはり多くのリノベプレイヤーとの交流がある事。
全国には面白いコトやっている人が本当に沢山!!
負けじと頑張るぞ!

次回は5月末にリノベーション協議会岐阜支部にて関西部会の皆様と交流してきたご報告を綴ります。
お楽しみに!!

関西部会交流

ジャンプで出来たイスが面白い!!
うちは一ヶ月で一脚出来るかな!笑

無印良品 リノベーションセミナー

こんにちは、はじめまして。
5月よりマルホデザインの仲間入りをいたしました池冨士(いけふじ)と申します。

GW明けに初出勤してからあっという間に1ヶ月、、わくわくそわそわとした毎日を送っています。
早く戦力になれるように頑張ります!
またこれから少しずつ自己紹介もしていきたいなと思っていますので、
ぜひ今後ともよろしくお願いいたします。

さて、先週の土曜日は名鉄百貨店にて、無印良品のリノベーションセミナーが開催されました。
(告知の記事はこちら
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!

私もちゃっかりと参加してきましたのでその様子を少しお伝えします。

名古屋でリノベーションを手掛けている2社の方と弊社の名和が登壇し、
”リノベーション”の基礎知識のお話から事例紹介など、盛りだくさんの1時間半でした。

今回弊社は、工事をしていただいた施主様と一緒に、リノベーションに至った経緯や工事の様子、完成後の暮らしについてお話をさせていただきました。

IMG_0112

とにかく施主様がお話上手で…!
今まで休日は、カフェなどお店に出掛けることが多かったそうですが、
工事完成後はご自宅がお気に入りの空間になり、わざわざお店に行かなくてもお家で過ごすことが多くなったね!とご夫婦でお話されていたのがとても印象的でした。

お二人の素敵な雰囲気も相まって温かいトークイベントとなりました。

IMG_0104

                                                                                                                                                                        

話は今週に移りまして、只今マンションのフルリノベーション現場が着々と進んでいます。
こちらの物件は柱と梁以外、お部屋の間仕切り壁は取り払うことができます。

IMG_0122

なかなかこんな様子を見ることはないですよね!
これから7月末頃の完成に向けて、どんどんお気に入りが詰まったお家に変化していく予定です。

また時々、現場の進捗状況をお伝えできればと思いますので、楽しみにしていてくださいね!

1 / 4112345