岐阜の夏の風物詩 『鵜飼』

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所・マルホデザインのスタッフKです。

最近、5月とは思えない位の暑い日が続いていますね。
もう直ぐ子供用のプール出そうかな…
おばさん家から毎年貰うスイカはもう直ぐかな…
今年のBBQはお庭でやりたいな…
夏旅行は氷見に行きたいな…
お盆が過ぎたら大好きな石徹白のトウモロコシを食べられるな…
と暑い夏の楽しい事を妄想しながら、毎日のお仕事を頑張っています!!

さて、マルホデザインの母体であるネクスト名和の教室事業・笑顔工房でも
お世話になっているご近所さんのターブル・ドットさんから
とても魅力的なお誘いが。
「鵜飼いに参加しませんか?」
岐阜に小さな頃から住んでいながら、昨年鵜飼いデビューをしたばかりの私達にとって
とても嬉しいお誘い!
子供も連れて家族3人で伺いました。

船にはテーブルがいくつか並んでいて、
それぞれのテーブルにお弁当とグラスの準備がされていました!
IMG_0519

箱を開けてみると…
IMG_0521
美味しそう!
見た目もさることながら、味も全て絶品でした。
本当に美味しかった。

メニューは
・キャロットラぺ
・紫キャベツのコールスロー
・ミニキャロットのオレンジ煮
・ブータンブラン
・チコリと海老、ホタテのオレンジソース
・天然鯛ポピーエット
・稚鮎のエスカベッシュ
・仔牛のロースト
・仔羊の香草焼き
・ポムビロン
・ジャーマンポテト
・タイ香り米のピラフ
・ショコラのタルト
・イチゴ、オレンジ、青肉のメロン
岐阜のフランス料理のお店ボンシュマンさんにお願いして、
特別に鵜飼い弁当を作って貰ったそうですよ。
ビールやワインにピッタリ。
主人も沢山飲んで、楽しそうに過ごしていました。

そして子供も沢山いたのですが、子供にもこんなに素敵なお弁当。
IMG_0515
ターブルドットさんが全て作ってくださいました。
子供も大喜び。

乗船したばかりの頃はまだ日が出ていて、
鵜飼い大橋もとてもきれいに見えます。
普段運転中に見る山の景色も川に橋が架かっている景色も
全て特別な景色に見えます。
岐阜ってのどかだな…と感じさせられます。
IMG_0523

鵜飼いが始まる前にはヴァイオリニスト濱島秀行さんと声楽家でソプラノ歌手の日比野友有子さんが
素敵な歌声と演奏を聞かせて下さいました。
IMG_0529

いよいよ鵜飼い本番。
IMG_0535
IMG_0532
なんて幻想的なんでしょう。

鵜飼の歴史を調べてみると、
①稲作とともに中国から伝承したとする説
②日本と中国で別個に発生したとする説
があるそうです。
各地の古墳から鵜飼を表現しているとみられる埴輪が出土しているので、
少なくとも古墳時代には鵜飼が行われていたそうです。
古墳時代って…

長良川の鵜飼いは
7世紀頃から行われていたと言われています。
1300年以上の歴史を持っているそうです。
そして、信長が鵜飼を今の様な【見せる】ものにしたそう。
歴史も長いし、歴史上の色々な人が関わって今の形になっているのですね。

本当に素晴らしい岐阜の文化だな~と思いながら、鵜飼見物を楽しみました。

おもてなし料理教室の先生が企画しただけあって、
お料理も歌やバイオリンも全てが素敵なおもてなしで
最高の夜を過ごすことが出来ました。

東京旅 その2 〜豊川稲荷 東京別院のたくさんの狐たち

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所・マルホデザインのスタッフMです。

以前の記事で書いたミュシャ展で足が棒になっていたスタッフMですが、
宿泊予定地の近くに豊川稲荷の東京別院があったので散策してきました。

豊川稲荷東京別院01

お稲荷さんときくと狐のいる神社を連想しますが
こちらの豊川稲荷東京別院は曹洞宗の寺院とのこと。

お祀りされているのは仏法守護の善神である豊川ダ枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)。
稲穂を荷い、白い狐に跨っていることから「豐川稲荷」が通称となっているそうで
庶民の間で商売繁盛、家内安全、福徳開運の神として全国に信仰が広がったそうです。

日も傾きかけていて、暑さも落ち着いていたので
境内にはとても心地のいい風が吹いていました。

豊川稲荷東京別院02

色々な顔の狐さんがいます。
 
豊川稲荷東京別院04

豊川稲荷東京別院03

豊川稲荷東京別院08

撮影するにあたってお寺の方に許可を頂いたのですが
とても雰囲気のいい方で嬉しかったです。

それから今回、神道と仏教、それぞれにお稲荷さんがいることを初めて知りましたが
神仏融合が当たり前だった明治の神仏分離前は意外とこの辺りはおおらかで
そんなに区別していなかったんだろうなーと思ってみたりも。

むしろ、現在進行形でこのお寺には本殿も鳥居もあるので
お寺って言うのはもはや建前なのでは…?という結論に。

豊川稲荷東京別院07

豊川稲荷東京別院05

お参りもしっかりして、御朱印をいただきました。
 
 
カメラを収めてふと顔をあげるとたくさんの赤ちょうちんが。
一番東京だなあって思ったのはこんなところというオチ。

toyokawainari09

さすがの私もこの事務所は知っている。
東京だなあ…

東京旅 その1 〜ミュシャ展「スラヴ叙事詩」を見てきました!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所・マルホデザインのスタッフMです。

国立新美術館で開催されているミュシャ展(会期:2017年3月8日~6月5日)に行ってきました!
ミュシャ展(ムハ展)5
 
ミュシャと言えばジスモンダや黄道十二宮のような華やかな絵を書かれる画家として有名ですね!

5d3d8cf4b3fff131aa93eb7c3df61300
ジスモンダ@Wikipedia

そのミュシャのスラブ叙事詩、チェコ以外の国で日本が先立って世界初公開となるそうで、
そりゃあ長蛇の列が出来るよな…という感じです。
この機会を逃すと巨大絵画の連作を日本でみられる日は二度とないかもなんて声も。
設営も相当大掛かり。すごい。
 

NHKで放送されたこともあり、混雑がすごいとの前評判だったのですが、朝イチだと想定内の列でした。
当日券を求める人の列はエグかったですが…暑い中列に並んでスマホをいじる人を見て、
スマホを持っているならオンラインで今すぐチケットを買えばそのまま中に入れるのに…なんて思いつつ
チケット持ちの人の列に並ぶスタッフM。
 
9:45時点の列はこんな感じです。
30分もかからず入場出来ました。
 
mucha1
 

そもそも、スラブ叙事詩はなんぞやという話ですが…
公式サイトによると「故郷を愛し、人道主義者でもあった彼は、
自由と独立を求める闘いを続ける中で、スラヴ諸国の国民をひとつにするため、
チェコとスラヴ民族の歴史から主題を得た壮大な絵画の連作を創作した
」とのこと。
晩年16年をかけて制作された一連の20作品のことをいうそうです。

ミュシャは1939年にドイツ帝国に逮捕拘禁され、肺炎で亡くなってしまいます。
その後紆余曲折あり、表に出ることがなかったこの一連の作品ですが
2012年にようやっとチェコのプラハ市民会館に戻ってきたとのこと!

この辺りで、え?チェコ?スラヴ民族?ドイツ帝国?なにそれ世界史よく分からない…
という方には強い味方の音声ガイド(520円)があります。

スラブ叙事詩は民族の独立やアイデンティティ、
争いの虚しさや平和への希求が強く描かれていました。

ミュシャ展(ムハ展)6

ミュシャ(ムハ)展3
ミュシャ(ムハ)展4

瞳が印象的な作品も多かった!

上の写真のように、撮影を出来る作品もあるので、
撮影をしたい方は朝イチに入場がおすすめです。
11:00をすぎると芋洗い状態に近いです。

692A0719

スラブ叙事詩は巨大な絵画なのでわりと人がばらけますが、
ポストカードやポスターなどの作品は行列が出来るのでお覚悟を。
展示物を見るだけで2時間くらいかかりました。

ちなみにグッズ売り場はレジが45分待ちという混雑。
入場待ちよりも長いじゃん!!

疲れましたがとても濃密な時間でした。

羽島市竹鼻町 竹鼻別院 圧巻の藤棚

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。
桜が散ってしまって少しさみしいスタッフMです。
が!桜が散ったら次は藤がある!
ということで今回は 竹鼻別院 の藤棚です。gifu_fuji01

樹齢300年以上と言われる県指定天然記念物!
圧巻の藤棚です。
規模は決して大きくないのですが、花の密度も高くて素晴らしいです。

gifu_fuji02

藤棚の横ではお抹茶とおまんじゅうが頂けます。
藤を見ながらの休憩は格別です。

風が吹くと花たちががさらさら揺れて、和みますよー!

gifu_fuji03

地域の方たちが藤棚(と同時期に行われるお祭り「竹鼻まつりの絢爛豪華な山車」)を
盛り上げているのを間近で見られて、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました!

それから、ここの藤棚は上から藤棚を見ることができちゃいます。
人が藤の下に現れるのでまるで雲海のような景色に見えますよ〜。
なかなか見られる景色ではないので、気になった方はぜひ訪れてみて下さいね。
スタッフMでした!