全米No.1設計事務所、ZGFに街づくりを学ぶ

さて、ポートランド2日目。
環境設計が得意な設計事務所『ZGF』を訪問。

アメリカでは毎年、デザインや企画力等の項目がランキングされ、
なんと、ZGFさん、2016年に全米No1設計事務所に選ばれたそう。
凄い!!

そんなポートランド本社に勤務している渡辺さんにレクチャーを受ける。
東京出身で日本でもプロジェクトを進行している渡辺氏。
ポートランドでの街づくり、実践を教授頂く。
タイトルは
『オレゴン州ポートランド市のまちづくり、その戦略と実践』

人口が多い都市圏だとどうしても利益の追求、
物流の効率化を図られる為に車主体での生活に。
そんな産業の成り立ちもあり、車目線での街づくりであった為、環境汚染も深刻に。
そこで、人。
人目線の街づくりに大きく舵を切ったのが凡そ40年程前。

また、シアトル、サンフランシスコ、ロスに比べて人口が少ないポートランド。
人口60万人。
都市圏人口220万人。
名古屋より小さい都市。
若者が大都市に流出する為、食い止めるのが課題。
何だか共感しちゃうよね。

そんな中、キーワードは
『mixed use』
住む、働く、学ぶを集中させる。
20分歩くと全てがあるエリアを沢山作る。

ここにはポートランドのマスタープランも絡んでくるのだが、一区画が、60m四方で区割りされている。
そこを一つ一つデザイン。

と、ここまでは理屈でふむふむと考えれる範囲だけれども。
そこを支える景観条例や官民協力のプレイスメイキングが素晴らしい。

日本は屋内空間を高質化していくが、
そこを、屋外空間の高質化、プレイスメイキングが重要。

民間ではやり切れない事が多いのだが、
街をつくるのは住民。
住民主体の意見が反映出来る街がここにあった。

一つの事例は公園。

設計プロセスや手法も事細かくレクチャーしていただいた。
行政の仕組みや、景観の条例もね。
多くを語りたいのですが、またの機会に。

形成過程の街づくりの印象は、
住民の意見を聞いてからつくる。
行政がつくるモノを告示し、知らない間に出来てしまうのでは無く、市民の意見力が色濃く反映されている。

現在の行政も、市民の声を反映させているとは思うが、距離感が違うと体感。

そこの仕組みはまた次回、ポートランド州大学との交流をお届けします!

不動産テックを体験

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン 名和です。

さて、只今絶賛ポートランド視察中なのですが、テーマの中の一つは不動産のあり方。
そんな感じたことを一部紹介。

リノベ事業者として触れておきたいのが、不動産テック。
不動産テックとは、「不動産」と「テクノロジー」を掛け合わせた造語であり、
昨今話題にもありつつ、不動産流通の情報の不透明さ、
また、欧米諸国と比較すると、中古住宅流通市場がおよそ1/6と非常に低く、
今後ストック社会に向け、中古市場の拡大を図る国の動きに対し、
流通インフラを整える動きと言ったら良いでしょうか。
結構主観が入ってますので参考程度に。

そんな、中古住宅流通が盛んなエリアで何が人気なのか?
エージェントの方に伺うと、
「Zillow」を使ってるよ!!と。
早速アプリをダウンロード。

スクショですが…

スゲー!!
自身の位置情報と周辺物件情報がひと目で分かる!
(日本にもあるかもしれませんが…)

何より分かりやすい。
ホームステージングの文化も根付いているせいか、
物件写真がステキ過ぎる。
これは物件散策しながら街歩き出来ますわ。

そんなポートランド。
現在は街づくりも上手く進み、住宅が供給不足。
然し乍ら、新旧とのバランスも考慮した景観条例も整備され、
どの物件もアンバランスさを感じない、キレイな町並みに。

市場としても、リーマンショック時約30万ドルだった物件も
現在45万ドル程で取引される事例も。
地域差はあるものの、総じて良い方向に。

その他諸々特記する事もありますが、
一つご紹介すると、所得増加の背景も。

個人的にオーストラリアやヨーロッパの方の所得格差に興味を持っていましたが、
ポートランドでの非正規雇用、パート、アルバイトの時給は約13ドル程。
また、向こう3年以内に最低賃金を15ドルまで引き上げる法案も可決したとか。
急速に所得拡大が動いている。

日本では企業主体の給与構造ではあるものの、
強制的に給与を上げる法案なんてあったら、
事業者側も提供するサービスが値上げしやすい。
当然の事ながら物価等は上がってますからね。
相対的な価値が損なわれなければ良いと感じています。

ましてや地方においても感性、価値観を高めていかないといけないとなると、
良いサービスを提供していかないといけないと感じていますし、
良いサービスを受けたいとも思います。
そんな会社、人、モノが育つ環境を作って行きたいですね。

と少し固くなってしまいましたが、
何か一つでも持ち帰り、微力ながら実行していきたいですね。

と、ボートハウスの風景も一枚。
日本でもトレーラーハウス等はありますが、ボートハウスは初めて聞いた!
茶色の支柱は増水しても流されないようにする為だって。
面白い!!
長良川は流速が早いから無理かなぁ。

また随時情報発信していきます!

今日スイッチで放映されます!!

マルホデザインのカオリです。

先日元田のブログにもありましたが、
弊社で施工した中古住宅のリノベーション物件が
ついに本日東海テレビのスイッチで放映されます!!

7月10日(水)9:50~スタート

白と黒をベースとしたとても素敵なご自宅。
奥様のこだわりが沢山つまったお家。
取材の際にご主人が
「家自体に自分自身のこだわりはありませんが、
妻が気持ち良く暮らせるように、妻の願いをかなえる事が僕の拘りです。」
なんていうカッコいい言葉を聞けたのが印象的でした。

どんな風に放映されるのでしょう。
とても楽しみです!
是非皆さん見てくださいね。

耐震補強工事 〜高さ決め編〜 

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン 名和です。

土岐市の耐震補強工事。
着々と進んでおります。
嬉しい。

解体工事も粗方終わり、図面、仕上げ段階では分からない様相をまじまじと観察。
ふむふむ。
補強内容を精査していきます。

と同時に次のステップへ。
完成予想図をイメージしながら事前に下ごしらえをしていきます。
今回は電気配線。

電気配線といっても、高さって重要ですよね。
そうです、全体がスケルトンの状態から仕上げの高さを決め、
全体のコンセントやスイッチの配線をしていきます。

特に今回、耐力壁を設置する箇所は要注意。
後から施工する事も可能ですが、仕上げコストアップの懸念も。
家具レイアウトイメージをしながら、慎重にコンセント位置を検討していきます。

今回はここまで。
基礎屋さんとの打ち合わせも順調に終わり一安心。
明日からも頑張ろう!

大谷石の魅力

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所 マルホデザインの池冨士です。

先日、リノベーション中の現場に心待ちにしていたものが届きました!

S__2252817

何だかわかりますか?

大谷石(おおやいし)です!
大谷石の産地、栃木県宇都宮市からはるばるやってきました!

こちらは内装材として壁に施工する予定です。

今はたくさんの種類の内装材がありますが、
やはり”本物”の風合いを大切にしたいと思いご提案をしています。
施工はこれからですが、素敵なアクセントになるだろうなとわくわくしています。

余談ですが、
実は私、大谷石が好きで数年前に宇都宮市にある大谷資料館を訪れました。
地下採掘場跡を見学できるんですが、想像を超えるダイナミックで神秘的な空間が広がっていました!

8B31DE85-C770-4689-B249-471E65758166

BFC54E3E-C7AB-4426-92AC-EB9E30EC749F

他にも宇都宮市には大谷石造りの建物がたくさん!

A0165928-6C3B-4948-9126-312B85B83DEF

それから兵庫県芦屋市にある、ヨドコウ迎賓館の大谷石の感じも大好きです!

2C73AAF3-F18A-4B40-BE96-9486634FD096

近くでは、明治村にある旧帝国ホテルも大谷石の装飾が素晴らしいです!

余談が長くなりましたが、、
大谷石の魅力を少しでもお伝えできていたら嬉しいです!

1 / 4412345