岐阜市 住宅診断(インスペクション)

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン・スタッフMです。

先日、住宅医である名和の 住宅診断(インスペクション) に同行してきました。
今回は「中古住宅購入の際の住宅診断」のざっくりとしたポイントをご紹介します。
 
 
1.屋外の劣化診断
外壁面の塗装状態や、雨水の侵入箇所になってしまうような開口穴などがないか調べます。
コンクリートのクラック(ヒビ)の大きさも測ります。
ヒビの入っているところを叩くと正常な部分とは違った音がします。

IMG_7056

IMG_7055
 

 
2.室内診断
内装の状況、雨漏りのあとがないかを調べます。
染みがあった場合、原因となる箇所も出来る範囲で特定していきます。

IMG_7075

各部屋の四隅を水平器を使い、床のゆがみを調べていきます。
大型家具などを置いてあった場所はゆがみが生じていることがあります。

IMG_6783
 

3.床下診断
基礎の状態や、土の状態、腐食、害虫被害がないかを調べます。
床下を点検口から覗くだけではなく、床下に入って作業を行います。

IMG_6826
 
 IMG_7203

この他にも設備や天井裏の状態、
室内外の壁面やタイルなど、仕上げの状態を診断していきます。
中古住宅購入の際の住宅診断だと、通常の戸建て住宅であれば半日程度で終わります。

マルホデザインでは木造住宅だけではなく、RC造(鉄筋コンクリート造)の住宅診断も行えます。
住宅診断(インスペクション)についての無料相談はこちらから。
スタッフMでした。

漆喰塗り体験!座学と実践ワークショップを開催しました!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインのスタッフMです。

3/4(土)に行われた、漆喰塗りワークショップ。
施主様であるW様にご協力頂き、開催させて頂きました。

今回使用したのはスイス生まれの漆喰・カルクウォール。
壁に白、天井の一部には黒の色粉を混ぜ、グレーに仕上げます。

IMG_9628 copy

このカルクウォール、100%天然素材。
実は漆喰と言っても、最近は塗りやすさやコストの面から白色塗料などの
混ざりもののある商品も多かったりするので、一概に体に良いとは言えないのです。

カルクウォール販売店であるイケダコーポレーションの秋山さんにお越しいただき、
ワークショップ前に漆喰の性能やメンテナンス方法などを紹介をしていただきました。

その後は職人さんの漆喰塗りをお手本で見せてもらいます。
職人さんの手際良い動きに参加者から「お〜」という声が。

IMG_9559 copy

一通り職人さんのレクチャーを受けたら待ちに待った漆喰塗りです!
漆喰塗りは服が汚れやすいので汚れてもいい服、
もしくはエプロンや手袋などをするのがおすすめ。

カルクウォールには塗料などが一切含まれていないため、
基本的にはお湯に服をつけてふやかした後、洗濯をすれば綺麗になります。

まずはしっかりと漆喰を撹拌です。

IMG_9701 copy

各々のコテ板に漆喰を盛っていきます。

IMG_9503 copy

さあ、漆喰塗りの開始です!

IMG_9500 copy

お子様も積極的に参加。
職人さんと一緒に壁に押し付けながら頑張って塗っています。
将来大工になりたいというお子様もおり、
この経験が少しでも糧になればこんなに嬉しいことはありません。

IMG_9670 copy

細かい場所はコテ使いがとても難しいです。
漆喰を多めにコテに取り、むにゅりと押し付けるようにして隙間を埋めていきます。

壁と天井は別日にすることが多いのですが、今回は折角のワークショップということで同日に。
漆喰というと白い壁を想像しがちですが、
色粉を混ぜることで一味違った雰囲気にすることが出来ます。

W様邸は塩系インテリア(男前インテリアやインダストリアルデザインをシンプルにした感じですね)を
ベースにした木の多い内装なので、リビング天井はグレー色にし、男らしさを控えめに演出しています。

IMG_9577 copy

途中、職人さんにアドバイスをもらいながら作業を進めていくのですが
皆様、想像以上に飲み込みがはやく、作業がどんどん進む!
後半になるとコツを掴んだのか、更に作業スピードがアップ!

そんな後半の一幕。
ひたすら漆喰を塗っている動画です。

途中赤色の服を着た男性が写りますが、それがマルホデザインの名和ですね。
さすがです。目立ちます。スタッフだと一目瞭然です。見習おう。

塗り残しがないかしっかり確認。
細かなところまで見落としません。

IMG_9708 copy

たくさんの目で見ると、意外と塗り残しがあることに気づきます。
色がグレーなので特に目立つんですよね。

塗り残しを綺麗に仕上げ、 漆喰塗り 無事完了です!

DIYが流行りなのもあり、最近漆喰という言葉をよく聞くようになりましたが、
漆喰は知っているけど、何が良いのか分からない、塗ってみたいけどどうやって塗るの?
そんなDIY好きさんも多いと思います。
インターネットで調べるというのももちろんひとつの手段ですが、
こういったワークショップ形式で一緒に疑問を解消していくお手伝いが出来れば嬉しいですね。

施主のW様、ワークショップに参加して下さった皆様、ありがとうございました!

来年度の国交省の支援制度の説明会に行ってきました

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて今回は、国交省の来年度における 住宅の取得・改修に関する支援制度の説明会に参加して参りました。

IMG_5206

昨年に引き続き、毎回参加しておりますと国交省の目論見が見えてきますね。
あくまで個人の意見ですが。

私としては気になる所は、
長期優良化リフォーム先導事業と
インスペクション関係。

長期優良化リフォーム先導事業に関しては来年度も継続。
今年も実践させて頂き、設計、予算配分の難しさを感じましたが、
やっぱり大切ですよね。
今回特出すべき所は断熱でしょうか。
省エネルギー性の向上に力点を置いてました。

現実問題、スケルトン状態にし断熱化を図るのは考え易いのですが、
やはりコストバランスを考えると…ともある。
高断熱化のメリットはかなり感じているけれども
体感しないと伝わりにくい所も。

暖かい家が欲しい。
最近よくよく聞きますが、可能な限り性能を上げて行きたいですね。
こういった制度をうまくリンクさせながら住生活を向上させます。

また、インスペクション関係。
大きな波が来ています。
宅建業法でも2018年には告知の義務化。
優遇制度を導入し、普及させようとの考えもありますが、
まずはマインドを変えないといけないですね。

3月は事業者様(宅建業者様)向けへのセミナーを行います。
是非、優良な中古住宅の普及を目指し、ここらをピックアップしてお話ししたい所です。

IMG_5207

最新情報は無料セミナーにて公開中。
私の場合は何が合うのかな?
制度が沢山あり過ぎて混乱してしまう状況ですが、
一つ一つに整理して考えて行きたいですね。
お庭でお茶でもしましょう。

育みの場にお客様がみえました

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて、今回はマルホデザインにより計画しました『育くみ』の場にお客様がいらっしゃいました。
オーダーキッチンといえばこの方、FーFURNITUREの藤岡さん。
京都で修行を積まれた太陽の庭人こと、サンガーデンの田中さん。
そして、ガーデンドクターの柴垣グリーンテックの柴垣さん。

IMG_5969

皆様、とても自分に厳しくセンスも良い。
そんな方々に見て頂くのに緊張感が走ります。

ネクスト名和に集合し、いざ育くみの場に。
第一声は
「こんな住宅街にいきなり出てくるの!?」

IMG_5186

普段見慣れてますと違和感が無かったのですが、
そうですよね、普通の住宅街に入り込んでいます。
知る人ぞ知るスポットかもしれません。

一から説明させて頂こうかと思ったのですが、撮影タイムのスタート。
皆様思い思いにお話し頂いたのでタジタジでした。

IMG_5187

しかしながら、素材にこだわった『版築』
ディテールにこだわった『モールテックスの水場』
心休まる『水琴窟』 等々。
一つ一つに驚き関心頂きました。
お庭づくりに集合し従事される方から評価されるのは嬉しい。

庭の考え方、家との関わり方、暮らしのあり方などを議論。
やっぱり人間には庭が必要かと思います。
それを支える住まいも大切。
欲張りですからね、みんな良くしたい。

そして、徒歩3分先には中山道の『湊宿』が御座います。
歴史のルーツを辿る。
岐阜、鏡島を良くする。
その為の地域の存在価値を語ります。

IMG_5959

西岐阜は面白い街ですよ。
大きな商店が何点もあり、生活の利便性は抜群でしょうね。
その毎日の生活が華やぐ様な小さな商店を作りたい。
駅から歩いて帰りたくなる様な。
ベットタウンの様な形がベターかも知れませんが、
みんなの愛着の湧く街にしたいですね。

歴史も調べると結構しっかりしているんですね。
街歩きしながら綴って行きたいとも思います。

と、まぁ話はそれましたが、御三方と各々の取り組みを共有。
新しい発見、発送も生まれます。
楽しい。どんどん良くして行きます!

キッチン選びの打ち合わせ

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて、週末は打ち合わせラッシュ。
皆様、いつもお待たせしてすいません。

今回の打ち合わせは仕様決め。

IMG_5107

実際の素材に触れて、イメージを共有しワクワク。

でもやっぱりテンションが上がるのはキッチンの打ち合わせですかね。
オーダーで作成する事もあれば、メーカーのシステムキッチンを選択する事も。
最近のシステムキッチンはデザイン性もかなり向上し、素材も多様に。
今回は無垢の木を取り扱うウッドワンさんへお邪魔しました。

IMG_5167

オーク材を使ったキッチン。
カッコいいですね。
他にもメープルやパイン材に触れ内装イメージを沸々と考えます。
手に取るアイテムや触れているお客様の様子を拝見し、
イメージを練っていきます。
楽しみ。

IMG_5166

把手も色々な種類があって…
と見ていたら先日告知したセミナーの広告が!!

ラミネートもして下さり、本当に有難う御座います。
ぼちぼち反響があるそう。
いよいよセミナーも今週末に迫ってきました。
こちらも楽しみ。

IKEAのキッチンを採用されたお客様とのトークセッション。
是非遊びに来てください。

1 / 2512345...1020...最後 »