【満員御礼】楽しく知る「中古住宅 + リノベーション」vol.3、追加セミナー企画しました!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

朝一から床下調査。
床面が砂利敷きで全身に刺激を受けてきました。
ボロボロ…

IMG_8335

と昼からは打ち合わせで名駅に。
今週末のセミナーに向けての原稿も入稿し準備万端。
お渡しする資料も届けて来ましたよ。 (さらに…)

【イベント情報】楽しく知る『中古住宅+リノベーション』vol.3 無印良品にて

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて、先日ご紹介させて頂きましたセミナーのご報告ですが、その第3弾の詳細が決まりましたのでご連絡です!

キャプチャ

次回は5月27日(土)13:00~
書いてある通りかもしれませんが、リノベーションのわかりやすい基礎知識や事例紹介や、体験者様のお話しなど、
ビギナーの方から検討されている方まで楽しめる暮らしのセミナーです!
個人的にはリノベ済の方も、他の方の事例を参考に、更なるパワーアップもできるかと思います。
是非是非ご参加を。
お席に限りも御座いますが、ふらっと立ち見でもO.K!
限定の資料等が欲しい方は是非予約を。

マルホデザインは最新のリノベ実例を掘り下げて紹介!
先日のブログで書かせて頂きました長期優良化リフォームのお話しや、染色したフローリングの事例をご紹介したいと思います!

暮らしを育む
共に造る

そんなマルホデザインの根っこの所をご紹介できるかと思います!
お楽しみに!

170527_nagoyameitetsu_sub01

【セミナー情報】楽しく知る「中古住宅+リノベーション」vol.2 御報告

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて、2月末に開催されましたセミナー、「中古住宅+リノベーション」の御報告です。
と言いますのも、濃かった!!
マルホデザイン以外にもアネストワン、リノキューブさんと
名古屋をトップリードするリノベ会社さんとの合同セミナー。
私自身も勉強になりました。

IMG_5464

トップバッターはアネストワンの青山社長のリノベーション基礎講座。
リノベーションってなに?ってところから、実際にリノベーションに取り組まれておりますお金の考え方。
ざっくばらんにお話頂きました。
また面白いのが、中部地区に情報を落とし込んでくれました。

やはりリノベーションが進んでいるのは東京、大阪。
愛知もリノベーションが普及し始めておりますが、マンションや戸建ての比率が異なります。
そうすると提案も変わって来ますよね。
最近、ネットや書籍等でも色々な情報が多くありますが、
中部地区でリノベを考えるなら…是非聞いて頂きたい内容ですね!

IMG_5459

そして続きまして、リノキューブの高木さん。
施工事例を3事例紹介頂きました。
こちらも雑誌とは異なり、なぜその様な提案に至ったのか等の裏話。
青山社長のからも台本無しの質問が飛んで来てましたからね、ライブ感満載です。

IMG_1972

お待ちかね、最後はマルホデザイン、名和の登場です。
私の役割は、実際に施工頂いたお客様にお越し頂き、体験談をお話し頂きました。
先程の話、台本無しの質問が飛んで来ますからね、もぉドキドキでした。
こちらも同様、雑誌のコメントやネットにアップしていない生の声が聞けましたので、
私自身勉強させて頂きました。
また、同業者さんからも「リノベーションの楽しさを思い出した!」との嬉しい声も。
楽しい!
次回は5月予定です。
私は施工事例の発表の当番ですが、完成紹介のみならず、
補助金の活用事例、調査の様子は等ディープな所に突っ込んでみたいと思います!
乞うご期待!!

img_3533

庭造りワークショップ用の樹木を仕入れます

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

昨日より再開したブログですが、ちゃんと本日も更新。
さて、3月に行われたイベントの様子。
“庭造りワークショップ”

リノベーションを行ったお家の庭もお手伝い。
やはり、外と中、同時に考えて行かないと良い提案が生まれません。
打ち合わせで練った庭計画をお客様&友人の方々で作ってしまおうというもの。

何と言ってもまずは準備。
段取り八部。
用意で全てが決まってきます。

まずは樹木の仕入れ。
植木と言えば稲沢が有名ですね。
今回は愛知農園植木苗木(株)さんへ樹木の仕入れに。

IMG_6302

軽トラでぼちぼち走る事1時間。
街の雰囲気が変わってきます。
見渡す限りの木々。
また、同じ種類が固まって植えてあるので面白い光景。

こなれた感じで書いてますが、今回、愛知農園植木苗木さんへは初めての訪問。
もちろん事前にアポイントを取って伺いました。
ドキドキです。

IMG_6301

皆さん気になるのが、“どうやって樹木を購入するの?”
園芸屋さんや、ホームセンター等に行くと、小ぶりな樹木が個々に分けられています。
それらを一つ一つ選ぶのではなく、写真にあるような状態から、
コレとコレ下さい!みたいな感じで選びます。
埋まっている樹を手で引っこ抜くか、大きなものはユニックで引っ張りトラックに積み込みます。
ワイルドですね!

今回は目隠しも兼ねて常緑樹を選定。

IMG_6353

シマトネリコや、

IMG_6356

オータムファイヤー、

IMG_6355

レボリューションゴールドやオリーブ等、全5種を調達。

愛知農園植木苗木さん植えるポイントやメンテナンス方法も丁寧に教えて下さり助かります。
やはり、長く付き合い成長するものだからこそ、しっかりと選定したいですよね。
一般のお客さんも購入可能なので是非。

購入した樹木は40cm~1.5m程度のモノ。
始めはまだまだ小さな状態ですが、日に日に、年を重ねるごとに景色が変わる様子が楽しみ。
そんな情景を思い浮かべながら皆で植樹します!

と、イベントは人数の兼ね合いもあり、あまりお声掛けしておりませんが、
ご興味あられます方は是非お声掛け下さい。

漆喰塗り体験!座学と実践ワークショップを開催しました!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインのスタッフMです。

3/4(土)に行われた、漆喰塗りワークショップ。
施主様であるW様にご協力頂き、開催させて頂きました。

今回使用したのはスイス生まれの漆喰・カルクウォール。
壁に白、天井の一部には黒の色粉を混ぜ、グレーに仕上げます。

IMG_9628 copy

このカルクウォール、100%天然素材。
実は漆喰と言っても、最近は塗りやすさやコストの面から白色塗料などの
混ざりもののある商品も多かったりするので、一概に体に良いとは言えないのです。

カルクウォール販売店であるイケダコーポレーションの秋山さんにお越しいただき、
ワークショップ前に漆喰の性能やメンテナンス方法などを紹介をしていただきました。

その後は職人さんの漆喰塗りをお手本で見せてもらいます。
職人さんの手際良い動きに参加者から「お〜」という声が。

IMG_9559 copy

一通り職人さんのレクチャーを受けたら待ちに待った漆喰塗りです!
漆喰塗りは服が汚れやすいので汚れてもいい服、
もしくはエプロンや手袋などをするのがおすすめ。

カルクウォールには塗料などが一切含まれていないため、
基本的にはお湯に服をつけてふやかした後、洗濯をすれば綺麗になります。

まずはしっかりと漆喰を撹拌です。

IMG_9701 copy

各々のコテ板に漆喰を盛っていきます。

IMG_9503 copy

さあ、漆喰塗りの開始です!

IMG_9500 copy

お子様も積極的に参加。
職人さんと一緒に壁に押し付けながら頑張って塗っています。
将来大工になりたいというお子様もおり、
この経験が少しでも糧になればこんなに嬉しいことはありません。

IMG_9670 copy

細かい場所はコテ使いがとても難しいです。
漆喰を多めにコテに取り、むにゅりと押し付けるようにして隙間を埋めていきます。

壁と天井は別日にすることが多いのですが、今回は折角のワークショップということで同日に。
漆喰というと白い壁を想像しがちですが、
色粉を混ぜることで一味違った雰囲気にすることが出来ます。

W様邸は塩系インテリア(男前インテリアやインダストリアルデザインをシンプルにした感じですね)を
ベースにした木の多い内装なので、リビング天井はグレー色にし、男らしさを控えめに演出しています。

IMG_9577 copy

途中、職人さんにアドバイスをもらいながら作業を進めていくのですが
皆様、想像以上に飲み込みがはやく、作業がどんどん進む!
後半になるとコツを掴んだのか、更に作業スピードがアップ!

そんな後半の一幕。
ひたすら漆喰を塗っている動画です。

途中赤色の服を着た男性が写りますが、それがマルホデザインの名和ですね。
さすがです。目立ちます。スタッフだと一目瞭然です。見習おう。

塗り残しがないかしっかり確認。
細かなところまで見落としません。

IMG_9708 copy

たくさんの目で見ると、意外と塗り残しがあることに気づきます。
色がグレーなので特に目立つんですよね。

塗り残しを綺麗に仕上げ、 漆喰塗り 無事完了です!

DIYが流行りなのもあり、最近漆喰という言葉をよく聞くようになりましたが、
漆喰は知っているけど、何が良いのか分からない、塗ってみたいけどどうやって塗るの?
そんなDIY好きさんも多いと思います。
インターネットで調べるというのももちろんひとつの手段ですが、
こういったワークショップ形式で一緒に疑問を解消していくお手伝いが出来れば嬉しいですね。

施主のW様、ワークショップに参加して下さった皆様、ありがとうございました!

1 / 41234