岐阜市 住宅診断(インスペクション)

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン・スタッフMです。

先日、住宅医である名和の 住宅診断(インスペクション) に同行してきました。
今回は「中古住宅購入の際の住宅診断」のざっくりとしたポイントをご紹介します。
 
 
1.屋外の劣化診断
外壁面の塗装状態や、雨水の侵入箇所になってしまうような開口穴などがないか調べます。
コンクリートのクラック(ヒビ)の大きさも測ります。
ヒビの入っているところを叩くと正常な部分とは違った音がします。

IMG_7056

IMG_7055
 

 
2.室内診断
内装の状況、雨漏りのあとがないかを調べます。
染みがあった場合、原因となる箇所も出来る範囲で特定していきます。

IMG_7075

各部屋の四隅を水平器を使い、床のゆがみを調べていきます。

IMG_6783
 

3.床下診断
基礎の状態や、土の状態、腐食、害虫被害がないかを調べます。
床下を点検口から覗くだけではなく、床下に入って作業を行います。

IMG_6826
 
 IMG_7203

この他にも設備や天井裏の状態、
室内外の壁面やタイルなど、仕上げの状態を診断していきます。
中古住宅購入の際の住宅診断だと、通常の戸建て住宅であれば半日程度で終わります。

マルホデザインでは木造住宅だけではなく、RC造(鉄筋コンクリート造)の住宅診断も行えます。
住宅診断(インスペクション)についての無料相談はこちらから。
スタッフMでした。