【リユース】瓦の敷材利用でリノベーション!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

以前、庭づくりワークショップのご紹介をしましたが、
そちらでの提案事例。
瓦の再活用!!

耐震補強工事もお手伝いさせて頂いたのですが、瓦って最終的にどの様に処分するの?
そんな疑問から瓦の行方を調査!

IMG_4093

屋根からどんどん投げ捨てられていく瓦。
勿体無い気もしますが、土葺きの屋根は非常に重く、
耐震性としても3割程、悪い方向に働きます。

IMG_4221

そんな事も瓦の行方の記事をどうぞ。

その、降ろして粉砕した瓦を敷材活用。
成分としては有害物質が出ていないとのお墨付き。
そもそも泥土を焼き固めた瓦。
悪い物が入っていることも考えにくいですよね。

その粉砕した瓦自体、今では土木工事の敷材や、あのモリコロパークの舗装材の一部等にも活用。
活路はいっぱい。
新素材では無く、今あるモノを使いこなす。
非常に有意義な使い方だと感じます。

で、今回はその粉砕した瓦を建物外周に敷く。
長期優良化リフォームでは、犬走コンクリートは水はねをし、基礎を痛めてしまうとのこと。
その水はね対策として砂利敷きが有効なのです。

IMG_6845

2トントラックで瓦屋さんの土場に。
いっぱいいっぱいに詰め込んでもらいます。

IMG_6596

それを敷き込む。
釉薬の目立つものは間引き。
芝との色目の相性がgood!!

リユース、リノベーション。
建材の違った形をこれからも創造したいですね。

【更新が続きます!】岐阜市の運転免許証の更新は岐阜運転者講習センターへ!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

先週、今週と更新が続きます!
先週は既存住宅状況調査技術者講習の移行・更新だったのですが、今回は運転免許証の講習。
更新が続きます。
後回しにしたい所ですが、運転免許証の更新は大切ですもんね!
いざ出発!

三田洞まで行かなきゃいけないかぁ…と思ってたら違うんですね!!
岐阜メモリアルセンター近くにある『岐阜運転者講習センター』という場所でした。
出発してから気付く。
間違える所でした。

駐車場は少し離れた、世界イベント村ぎふの駐車場と併用の駐車場。
メモリアルセンターの駐車場が多すぎて迷ってしまいます。

駐車場の方も親切で、専用駐車場にピットイン。
案内看板に従い会場に向かいます。

IMG_8049

張り紙もしっかりされており、全然迷わず行けちゃいます。

IMG_8051

とても親切。
見習いたいところです。
運営の方、有難う御座います。

到着すると受付待ちの人混み。
目算でざっと100人位でしょうか。
スゴイ…。

中では流石に撮影は憚られるのでやめときますが、
順番は
『受付』⇒『協力費の支払い』⇒『必要事項の記入』⇒『視力検査』⇒『写真撮影』⇒『講習』
の順番。

講習が30分で終わると聞いていたのですぐ終わるかと思いきや何のその。
順番待ち等で思いの外、時間が掛かるのですね。

受付をし、お金も支払い、視力検査も終え
「よしよし順調!」
と思っていたのですが…
写真撮影、すっかり忘れてました。

格好も現場行の格好!
不精髭も生えている!
髪型も今日に限って簡単に済ませている!
(きっと嫁さんは何も変わっていないと思っているヤツ)

適正検査(視力検査)の持ち物の眼鏡のコピーに気を取られ、
全く意識していませんでした。

しまった…
小さな鏡が用意されているも、そこで髪型をセットする勇気もありません。
そのまま写真撮影に。

写真も閉眼率70%の私にとってはドキドキ。
撮り直しは無いか………一発O.K!

仕上がりに期待をせず、講習を30分終え、無事更新完了!!

更新の度に資格証の写真が必要になるので一パターンに纏めたいですよね。
皆様も運転免許証の更新の際は写真撮影がある事をお忘れなく。

最後に、朝現場で資材が届くのを待っている間にパシャリ。

IMG_8005

タンポポの綿毛も散り、田んぼに水が張られ、いよいよ夏ですね。

【防蟻処理】白蟻(シロアリ)の活動時期にしておきたい事

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

暑い!暑いですね!!
岐阜はではもう半袖で大丈夫ですね!
今日の岐阜市の最高気温は27℃。
週末は29℃の日もあるらしい。
もう夏日ですね。
間違えてタートルネックなんて着ちゃいました…

そんな梅雨に入る前は白蟻(シロアリ)の活動シーズン。
過去に住宅診断(インスペクション)させて頂いたお家等がどうなのか気になるシーズンです。

一般的に白蟻の活動時期は、
ヤマトシロアリが4月~5月
イエシロアリが5月~6月
と言われています。
白蟻の生態は難しい。
昨年も6月に白蟻について記事を書いておりますが、
ヤツらも色んな動きをしますからね。
しぶといです。

さて、今回は防蟻処理工事。
白蟻らしき跡があり解体。
その後防蟻処理をしました。

床下 防蟻処理

疑惑の箇所を解体。
点検口が無いとどうしてもめくらなければなりません。

IMG_7991

傷み箇所をドライバーでチェック。
蟻道(白蟻の通る道)に白蟻がいなければ、木材の強度を確かめ、
使用できるものであれば残します。
木材に白蟻が残っているのでは?と思われるでしょうが、
巣は別に作り、通過点でしかありません。

確認が済んだら薬剤散布。
油剤を使用。
水性より定着力が違います。

IMG_7989

他にも心配な箇所は穴を開け薬剤注入。

IMG_7992

他にも土壌処理と言い、建物外周にも散布。
時折のメンテナンスが大切ですね。

最近の薬剤は5年保証のモノが殆ど。
強すぎる薬も人体に良くないですからね。

5年前、築後10年の住まいは要チェックですね!

【新商品に驚き!!】火災保険も進化してます!本当に驚いた!!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

この週末も打ち合わせラッシュ!!
その中、火災保険の打ち合わせで驚きの商品が。

中古に限らず大切になってくるのが『火災保険』。
建物が完成し引き渡しを受けた瞬間、失火し焼失したら大変。
その為、住まい計画の中に火災保険はしっかりと考えておきたいですよね。

一般邸には金融機関さんから借入、ローンを組む際、火災保険の加入が必須となります。
(抵当物件が無くなったら大変ですからね。)

以前は金融機関さんの紹介会社のみしか火災保険の加入が認められなかったものの、
最近は割と自由。
決めておいて下さい~、見ないな軽い感じです。
事は重要だと思うのですがね。

そして、リノベーション計画中のお客様とお金の打ち合わせ。
買入先の選定や借り方、返し方の相談。
保険屋さんにもお越し頂き、火災保険の話を聞きます。

私が入る訳では無いのですが興味津々。
だって中々お話しを聞く機会が無いですもの。

お客さんよりかは食いかかり気味に、
「地震が起こって、隣の家が出火した場合の貰い火で全焼したらどうなるのか?」
「雨漏れした際は火災保険?既存住宅売買瑕疵保険?」
「家財の保険はいくらまで受けれるの?」

思い付きで気になる事を色々聞いちゃいました…汗
スイマセン。
でも、立地条件や、周辺環境での心配事は個々に違いますからね。
お客さん以上に質問します。

IMG_7970

そんな中、気になったのが
『家具移動サービス』
『電球交換サービス』

えっ!?そんな事も出来るの?
【予約制】とありますが、何だかモヤモヤ。

お年を召されている方向けのサービスなのだとか。
一人暮らしの方には優しいサービスなのでしょうが、
呼ばれる立場からすると、何だか申し訳ない気持ちも。

ニーズは有る。ニーズは有るのでしょうが、協力してくれる環境も大切。
午前にお邪魔したお宅で、シーズンの役目を終えた石油ストーブを若旦那さんが倉庫へしまう。
そんな微笑ましい光景を見られた後でもあって、割り切り感に何だかモヤモヤ。
自分だったら使うかな?
ちょっとした事でも声を掛けてもらえるような、頼もしい会社にもしたいと思ったこの商品。

皆さんだったら使いますかねー?
因みに、それなりの値段はします。笑

【住宅診断】床下診断って一番緊張します!!

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

さて、2月より住宅診断ラッシュ!!
先日も中村区にて診断させて頂きました。

この住宅診断、検査項目自体は沢山なるのですが、
やはり一番は床下診断が一番緊張します。

先日のブログの既存住宅状況調査や瑕疵保険検査と違い、
マルホデザインでの床下調査は、基本、侵入出来るところまで。
上記の二つは点検口から覗くだけなのですが、本当の瑕疵はそこに非ず。
しっかりチェックしたいですよね。

また、立会者様がいらっしゃると、より緊張します。
床下でのうめき声…物音…異様な光景ですしね、
床下の状況がどうだったかが一番皆様気にされています。

然し乍ら、一番汚れるので調査は最後。
焦らしてる訳ではありませんので悪しからず。

最近の調査は、建築年数が浅いせいか、底板にコンクリートが打ってある仕様に良く当たります。

IMG_7945

今回の基礎下はとても快適!!
築浅の物件で一つ見るポイントは、土台~底板までの距離でしょうか。
長期優良化リフォームや、劣化対策、維持管理として土台~底板までを400mm以上と定めております。
湿気での部材の傷みを懸念しての事ですね。
広い基礎下は移動もしやすく調査も楽。
物件内覧等をされる人は床下を見てみるのも一つかもしれませんね!

因みにこれが床下点検口

床下点検口

よくキッチン廻りに見かけますよね。

覗くとこんな様子。

床下調査

こちらは、軽量鉄骨の場合。

更に奥まで潜って調査すると…

床下 白蟻 蟻害

水廻りには劣化事象が良く見かけられます。
やはり点検口周辺で無く、しっかりと全周検査。
お勧めしたいですね!

と、潜っている私もドキドキ。
「どうか何もいないでーーー」と毎回願っております。
狭小空間での格闘。
夏場も頑張ります!

10 / 3789101112