【東京インテリア家具】岐阜瑞穂店オープン初日レポート

新しく岐阜県瑞穂市の21号線沿いにオープンした「東京インテリア家具」
オープン初日の今日、モトダと行ってきました!

朝は混雑するだろうと予測して、13時半頃に到着。
21号線の道路はやや混みといった感じでそこまで混雑はなし。

駐車場は満車(2時間待ち)という表示になっていましたが、
出てくる車も多く私たちはタイミングよく警備員さんに案内してもらえ、
約5分少しで停めることができました!

まず見た目がものすごく大きい。21号線沿いからも目を引く存在感です。

さっそく店内へ。
正面入口から入ると2階へつづくエスカレーターがあり、とにかく広い。

まずは1階。
雑貨や食器類・インテリア用品が数多く並んでいます。

種類もとにかく多く、迷ってしまいそうなほど。
ただ、いろんなテイストの商品があり世代や年齢問わず使える商品が多数でした。

私たちはお客様邸の撮影で使えそうなものがないか吟味。
撮影の際にはインテリアや雑貨・お花などで、お客様の暮らしや雰囲気にあった空間作りもしています。
これは使えるかな?雰囲気どうかな?など話しながら商品を見ていきました。

これは使えそう!と2〜3点備品として購入。
 
 
キッズランドという名のキッズスペースもありました。
常駐しているスタッフさんに子どもを預けることができるみたいです。
お子様連れの方には嬉しいスペースですね。

そして割と大事なのがトイレ。モトダは新店舗に行く際はまずはトイレをチェックするそうです。
新しいのでもちろんキレイ。女性らしい色使いやデザインで清潔感のある空間でした。

お次は2階へ。
(1階での購入前の商品は持ち込むことができないのでご注意を。)
ソファやテーブル、ベッドなどの大型家具が並んいでいます。

こちらは岐阜の飛騨家具さん。東京インテリアとコラボした商品が数多く並んでいました。

3Dでインテリアをシュミレーションしてくれるスペースがあったり、一角にはカフェがありました。

お買い物中にちょっと休憩できるスペースとして賑わっていました。
コーヒーなどの飲み物からデザート、パスタなどのランチメニューまで。品揃え豊富。

私たちは一番人気というブルーベリーのワッフルを半分個。

甘すぎず、美味しくいただきました。

 
 

行ってみた感想は、種類が豊富だということ。
雑貨や食器類も、たくさんの種類・デザインがありました。
いろんなテイストの商品があり世代や年齢問わず使える商品が多数。
オープン日に行ったのでセール中のものも数多くありましたが値段としては手が届かない範囲ではない。
中にはこれがこの値段で?という驚きのものも。

落ち着いた頃に一度行ってみてはいかかでしょうか。

Posted by ちんどう

RELATED POST