岐阜市住宅診断/屋根メンテナンスの考え方

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所の マルホデザインです。

今回は住宅診断させて頂いたお客様の屋根メンテナンス。
屋根をチェックすると、塗膜の剥がれや劣化がちらほら…
どの様にメンテナンスをしていこうか。

まずチェックすのるのが屋根材の種類。
屋根材の種類により耐久性や対策が異なってきます。
今回の屋根材は『平板化粧スレート』
一般的にカラーベストと言われるものです。

IMG_6918

平板化粧スレートとはセメント、けい砂を原料として、繊維で補強したもの。
重量も軽く、耐震性の向上や、衝撃性にも強く頑丈。
また、吸水性が低い為、多少の劣化では傷みません。

しかし、中古住宅になると関わってくるのが築年数なのです。

築年数から見る屋根材のポイントとは?

昔の平板化粧スレートは、当時良いものとされていたアスベストが使用されていました。
目安としては2000年以前のもの。
厳密には2004年まで生産されていたものなので、大凡この時期までのものは

「アスベストが入っているだろう」

として見ています。

アスベストが入っていると何が不具合なのか?

まずアスベスト(石綿)は発がん性のリスク等使用が禁じられています。
また、撤去、処分する際も飛散しないための対策や、処分方法等も厳格に決められ、
とても手間のかかる作業となります。

これから住まいをメンテナンスする方にとっては、撤去、処分費用が
高額になってしまうことが一番大きいのではないでしょうか。

また、何も気にせず処分してしまう業者さんも…
ご自身の健康リスクを考えるにあたってはしっかり把握しておきたいものですね。

当時の建材にはこんなものも

当時の建材は安心、安全のアピールの為、
『アスベスト(石綿)は使用していません!』
とうたっているものも。
今となってもその印を見ると安心します。

IMG_5793

現在は安心、安全が当たり前となり、感覚が鈍ってきているところもありますが、
本当に自身にとって何が安全なのか、見極めも大切ですね。

因みに今回のメンテナンス方法はカバー工法。
既設の屋根の上に更に防水層を造り鋼板で覆います。
解体費を抑えながら、雨漏れリスクを二重に回避するので、
カラーベストの場合にはお勧めしています。

 

ホームインスペクターズ協会定例会

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに
地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所の マルホデザインです。

先日、ホームインスペクターズ協会の定例会がありました。
住宅診断のプロが集まり、近況や診断事例の共有等、大変勉強になりました。

今回はホームインスペクターズ協会のご紹介をさせて頂きたいと思います。

ホームインスペクターズ協会とは?

まず、協会のご案内の前に知っておきたいのが、ホームインスペクション(住宅診断)とは何なのか。

現在決められている領域は大きく分けて3つあります。

①1次インスペクション(現況検査)
住宅の現況を把握するための基礎的なインスペクション

②2次インスペクション(住宅診断)
耐震診断等の劣化・不具合等の原因等を把握する為のインスペクション

③3次インスペクション(詳細診断)
性能向上リフォーム実施(断熱リフォーム)等の住宅性能把握のインスペクションに分かれています。

その中の①1次インスペクションを実施を目的とした診断を行う技術を有した方々が集まる団体が
ホームインスペクターズ協会なのです。

住宅診断のプロとして、建築・不動産取引・住宅診断方法等の一定の知識と高い倫理観を有するよう、
資格試験が有り、登録された方々が全国で活躍されています。

1次インスペクションを主に利用される方は

〇家を買う時

〇家を売る時

〇自宅のチェック

で利用されています。

では1次インスペクションとは何なのか…?

一次インスペクションとは

先にもご紹介した通り、既存住宅の現況を把握する為の調査なのですが、
細かく表現すると、

外廻り
〇基礎・外壁・屋根・軒裏・雨樋・金物・バルコニー

室内
〇壁・天井・床・階段・サッシ

床下
〇土台・床組・束

小屋裏
〇梁・桁・小屋組・天井裏

設備
〇給水給湯設備・換気設備・火災報知器等

等の項目を仕上げ材により異なりますが、
現状がどうなっているかを家中隅々までチェックします。

また、専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべきか箇所やその時期、
おおよその費用等を把握します。

診断することでのメリットは、

〇「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを避けられる。

〇いつ頃、どこに、どのくらいのお金をかけてメンテナンスをすべきか、
見通しが建てる事が出来る。

〇報告書を「家の履歴書」として残せる。

〇住宅の構造・設備など、本質的な性能がわかる。

ことです。


このように、インスペクション(住宅診断)はまだまだあまり知られていませんがメリットは沢山あります。

リフォームやリノベーションも自身の直したい範囲のみならず、

住いのコンディションを把握し、直すべき優先順位を付け、性能を維持させていく。

今回の定例会でも様々な事例を皆で共有させて頂きました。

是非、この事例や活用方法を少しでも多くの方に知って頂き、

大切な住まいを長持ちさせ、守っていきたいと改めて実感した日になりました。
住宅診断01

 

 

 

 

 

お庭のリノベーション

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに
地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所の マルホデザインです。

昨晩から今朝にかけて風と雨が凄かったですね。
冷え込むかと思いきや、とても暖かく驚きです。

現在、お庭のリノベーションを進めているところなのですが、
強風で散ったモミジが綺麗でした。

水琴窟も味があり良い感じです。

IMG_6704

 

ゆったりとした時間を楽しみ、師走の慌ただしさに一息つきました。

 

感謝祭2015

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに
地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所の マルホデザインです。

12月5日に感謝祭が開催されました。

今回も大勢の方ご来場頂き、本当に感謝です。

急遽作成した屋台?も好評で、屋外でもコーヒーやスープ等を楽しんで頂きました。

IMG_6591

 

IMG_6589

 

私の担当のフォトフレーム造りも楽しんで頂けて何よりです。
IMG_6569

今回頂いた皆様のお声を次回に反映させ、
もっと楽しんで頂けるよう取り組んで行きたいです。

あんなことやってみたい、こんなことやってみたい等
ふとした思いでも構いません。
ご要望御座いましたらお声掛け下さい。

有難う御座いました。

 

 

 

 

 

ヒートショックの起こらない住まいを体験

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに
地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所の マルホデザインです。

この度は、感謝祭の準備で慌ただしくしているものの、
断熱スペシャリストのココチさんのモデルルームを体験する為、いざ京都へ。

IMG_6550
閑静な住宅街に佇む素敵な住まいに期待を膨らませお家の中へ。

「あったかい!」

この日は風が冷たい事もありましたが、空気が気持ちいい。
お家の中へ入った瞬間癒されました。
”ヒートショックの起こらない家”とは如何なものか…?

ヒートショックとは?

最近医学業界にも使用される機会が出てきた「ヒートショック」という言葉。
建築業界では、家の中の急激な温度変化がもたらす身体への影響を言います。
一般的には部屋と部屋の温度差が7℃以上あるとヒートショックの発生率が格段に上がります。
実生活だと、リビング~浴室の間ですね。

また怖いのが、このヒートショックで亡くなられる方は交通事故死亡者数の約3倍とのデータもあり、
年間1万人以上の方が亡くなられているそうだとか。
実は私も予防として、この季節お風呂に入る際は、

『お風呂のふたを閉めない』※湯気で浴室を暖める。

『シャワーで浴室を暖める』

等、こっそりやっています。

モデルルームの中を洗面、リビング、寝室等動き回りましたが、
体感で分かるほどの温度変化を感じませんでした。
2階は吹き抜けで、さすがに寒いのでは?と思ったのですが、
全く寒くありませんでした。
むしろ、建具が一つもない!
開放的かつ快適な空間でした。

 

IMG_6547
なぜこんなに快適な住まいが実現できるのか?
様々ポイントが有りますが、オススメは2つ。

①第一種換気設備の導入

②住まい全体の高断熱化

まず、第一種換気とは何なのか?

第一種換気とは?

第一種換気方式とは、住まいの給気・排気共に機械で行うこと。
一般的な住まいは第三種換気方式が採用されています。
トイレやキッチンに換気せんがありますよね?
ああいった換気扇から空気を排出し、家の隙間や換気口、窓から
自然に空気を取り込むのが第三種。
その給気をも機械でコントロールするのが第一種になるのです。

ついてました、第一種換気設備

IMG_6543
外気を取り込む際、フィルターを通して空気を取り込むので
花粉やアレルギー物質の大半が除去されるとか。
また、外の空気を若干暖めて取り入れる為、室温も安定します。

今回は、お風呂にも入らさせて頂いたのですが、とても快適でした。
何よりも一番の驚きは、洗面所の窓が曇らない事。
空気をコントロールすることは素晴らしい。

ポイント②の高断熱化は住まいによりご提案がまちまちなので
省略させて下さい。
簡単に言うと暖かくする事。
個別で勉強会をしていますので気になる方はお声掛け下さい。

そして最後に驚いたのが、暖房費が10月単月でおよそ2,000円だった事。
長い目で見て、光熱費はもちろんのこと、温度差による生活のストレスが無いことは
是非オススメしたいと思いました。

ココチさん、有難う御座いました。