【ホームインスペクションで 重要な調査会社選びのポイント!】

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

前回のコラムではホームインスペクションを依頼する際の注意点についてお話しさせていただきました。

>>>ホームインスペクションを依頼する際の注意点とは…?今さら聞けない!住宅診断(ホームインスペクション)とは
ホームインスペクション(住宅診断)は どのような流れで依頼するの?
ホームインスペクション(住宅診断)のメリットやデメリットを知ろう!

前回のコラムで、ホームインスペクションを依頼する際に、調査会社を選ぶことが最も重要であることをご説明いたしました。

調査会社の中には、不動産会社と提携して紹介料を得ている会社が存在しています。そのため、不動産会社と利害関係のある調査会社を選ばないようにする必要があります。

利害関係のある会社を選ばないためには、不動産会社からの紹介を受けないことが必要です。紹介を受けないこと以外にも様々な調査会社選びのポイントがあります。

それでは、他にどのようなポイントがあるのでしょうか。今回はこちらの疑問についてお答えいたします。

選択のポイント

ポイント
①1級建築士の資格をもっている
②適切な診断料金の価格設定
③報告書の情報量が多いこと
④個人ではなく、5人以上の組織であること
⑤工事管理や住宅設計の経験があること

今回は5つのポイントについてさらに詳しくご説明いたします。

①では、1級ではなく2級の建築士が担当をする場合があり、1級と2級では試験難易度や実務経験に差があります。そのため、1級建築士の方に依頼することが望ましいと言えます。

②では、もちろん高額な値段設定をしている会社は選んではいけませんが、安すぎても選ぶべきではありません。目安として5〜10万円前後が適切な価格設定となっています。

③では、調査項目も結果について項目ごとに詳しく記載しているかが重要です。情報量の多さも必要ですが報告書の質が高いことも大事です。

④では、少人数だと実務経験の幅が限定されてしまいます。人数の多い方が他の従業員の意見などを取り入れることができ、より良い業務ができるようになります。

⑤では、工事管理で実際の現場を見ていた人は経験がそのまま活きたり、住宅の診断をする上で住宅の構造を熟知していることは、知識として役立つことが多いです。

ホームインスペクションは安心に欠かせない

上記の5点を満たしている調査会社に依頼を検討することが望ましいと言えます。

ホームインスペクションはこの先の暮らしを安心・安全にするためには欠かせない調査であることから、調査会社選びは慎重に進めていく必要があります。

ホームインスペクションを依頼する会社は最初から一つに絞る必要はありません。

後悔しないホームインスペクションを実施するためにも、上記の5つのポイントを押さえた上で複数社(2〜3社)に相談し、信頼できる一社を選んで依頼するとよいでしょう。

マルホデザインでは、リノベーションやインスペクションに関するご相談などを
承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

>>お問い合わせフォーム

Posted by

RELATED POST