富山市へ

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所 マルホデザインの池冨士です。

朝晩の気温が下がり、エアコンに頼らなくてもいい日が増えてきましたね。
食欲の秋に向けて近所の散歩を再開しようかな、と思っています。

今日は富山市のお話です。
私が岐阜県に住み始めて嬉しかったことの一つが、日帰りで富山に行けること。
高速道路を使えば3時間弱で美味しいお寿司を食べに行けます。

富山市ではここ数年で気になる施設が続々とオープンしています。
今回は富山県立美術館とTOYAMAキラリ(図書館などが入った複合施設)
をメインに見に行ってきました。

まずは富山県立美術館。
建築家の内藤廣さんの設計で2016年に開館しました。
富岩運河環水公園(カナルパーク)の周辺にあり、ロケーションが最高です。

開館まで時間があったので散歩をすることに。


水辺と芝生の感じが居心地の良い、とてもすてきな公園でした。
公園内にあるスターバックスは2008年世界一美しい店舗に選ばれたそうです。


美術館はアルミやガラス(富山と言えば!)、木材を多く使ったスタイリッシュな空間でした。
屋上が庭園になっていて、立山連峰など360度ぐるっと見渡せます。
擬音語(オノマトペ)をモチーフにしたユニークな遊具がたくさんあって、
子供たちがわいわいとても楽しそうでした。

お次はTOYAMAキラリ。

建築家の隈研吾さん設計(他2社と共同)で2015年開館です。
こちらは街のど真ん中にあり、図書館や銀行など生活に密着した複合施設です。

中に入るとまず大きな吹き抜けと杉のルーバーにびっくり!
圧倒的なボリューム感で入った瞬間に足を止めて見上げてしまいます。

図書館にもたくさんの人がいて、とてもにぎわっていました。

岐阜市のメディアコスモスもそうですが、地域の人たちに親しまれる施設がデザイン的にも魅力があるって素敵なことだな、と思いました。

富山市はコンパクトな街で、近い距離に見所がたくさんでした!
今度は路面電車で周ってみたいです。

柳ヶ瀬へ

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所 マルホデザインのかおりです。

先日柳ケ瀬へお買い物に行ってきました。
目的は美殿町に手紙舎さんが
2日間だけショップをオープンされるとの情報を得たから。
どんな文具が並んでいるのか見てみたいな~と。
今はそんな身の回りのものを整える余裕もないのですが、
10代・20代の頃はレターセットを集めたり、
可愛いメモ帳やポチ袋を集めたりしていて、
イベントで手紙舎さんがやってくるとよく遊びにいっていたものです。

久しぶりに可愛い雑貨文具に出会えて、とても嬉しかった!
娘も一緒に行ったのですが、
お手紙書くのが大好きなお年頃なので、
可愛い便箋と封筒を購入し、喜んでいました。
家に帰って早速、可愛らしいお手紙を書いてくれました。
手紙を書く事はやはりいいことだなと思う今日この頃です。

その後、知人からおすすめして貰った、
サロン・ド・マルイチへ。
70年以上続く老舗の喫茶店マルイチをリノベーションしたお店。

新鮮な果物を目の前でジュースに。
頼んだのはパイナップルジュース。
甘酸っぱくてとても美味しかったです。

珈琲やケーキも絶品でした。

2階は現在は映画を題材とした展示がされていて、
今後もサロンスペースとして使われるみたいです。
柳ケ瀬もどんどん素敵なお店が出来て、ますます行くのが楽しみです。

京都のカフェ「WIFE&HUSBAND」

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所 マルホデザインのちんどうです。

今日は涼しくて過ごしやすいですね!
でもこの涼しさも今日だけなんだとか。
せっかくの三連休、また暑くなるみたいなのでみなさまお気を付けください!

さて、今回は京都のカフェをご紹介します!
鴨川にある夫婦が営む隠れ家カフェ「WIFE&HUSBAND」さん。

妻と夫 という名前からしてセンスを感じます。

夫と妻で始めるこの店を、WIFE&HUSBAND と名付けました。
夫という言葉が妻という存在があり初めて成り立つ言葉であり、またその逆もそうであるように、
皆様ともご縁深いお店になりたいという願いを込めて。
では今日も二人で珈琲店をオープンします。

という素敵な由来。
(HPから引用させていただきました)

店内には、ご夫婦のセンスがあふれる素敵な古道具やアンティーク家具たちがずらり。
どこを切り取っても絵になる、ため息ものの空間です。

そしメニューにあるブレンドコーヒーはDAUGHTER、SONというネーミング。
この日は私はDAUGHTERをいただきました。
すっきりとした飲み口の深煎りだそうで、飲みやすくとてもおいしかったです。

ちなみに「DAUGHTER&SON」という焙煎所兼ギャラリーも営まれています。

近くにある鴨川でピクニックができるようにピクニックセットの貸し出しも行われており、
イスやテーブルなどもお借りして持っていくことができます。

その日は店内でコーヒーをいただきましたが、
次はピクニックセットをお借りしてピクニックしてみたいなと思います。

家族の時間をとても大切にされており、営業は17時まで。
日曜日、月曜日はお休みです。

また京都に行く機会があれば是非立ち寄りたいお店です。

滋賀県米原市の水の町 醒井宿

岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所 マルホデザインのモトダです。

関東の台風、結構な被害なようですね…。
まだ被災されてる方も大勢いるようで、ここ数年の天災の凄まじさに恐れおののいています。
さて、今回のまち歩きは中山道61番めの宿、醒井宿(さめがいじゅく)です。

場所は滋賀県米原市。
醒井の地名の由来ともなった「居醒の清水」を源流とした地蔵川の流れに沿って、今も風情ある町なみが続いている宿場町。
流れている水が本当に綺麗です。

こんな水の使い方が生活の中で出来るなんて贅沢ですよね。
緑色のもにゃもにゃっとしたものは梅花藻と言って、水中にお花が咲くという珍しい植物。
白いぽつぽつしたものが蕾のようです。
このお花を見るために観光客がたくさんくるそうです。
 
町並みをぶらぶらしていると、私が大好きな年代の建物を発見。

醒ヶ井郵便局跡地。
現在は資料館になっています。

中に入ると施設のおじさんがクーラーをつけてくれました。
あまり人がこないので節電と言っていましたが果たして展示物は大丈夫なのか…!?

残念ながら内装写真はあまり撮れなかったのですが、外観にたがわず、
年期の入った木板の床と漆喰の壁のディテールがいい具合に味が出ていて最高でした◎

醒ヶ井宿は水に囲まれた場所なので、やはり川や水路が増水して建物が浸かることがあるのだとか。
災害とどう付き合っていくかも考えないといけないですね。

以上、モトダでした!

デンマークデザイン展

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン ちんどうです。

朝晩涼しくなり、いよいよ秋かな~と思ったら日中はまだまだ暑いですね。
もうすぐ秋、読書の秋、と思い図書館で本を借りるも一向に読めてません。。。

さて、お盆に帰省したときのこと。
三重県立美術館で開催されていた「デンマークデザイン展」に行ってきました!

電車で中吊りを見つけ、行きたい!と思い立ち急遽行ってきました!

ロイヤルコペンハーゲンの磁器やハンス・ヴェグナー、アルネ・ヤコブセンの椅子など、
デンマークの名作家具や製品の展示が約200点。

日本で初めての展覧会だったそうです。

名作家具や製品はもちろんのこと、デンマークの歴史やデザインの移り変わりなど、
デンマークの知識もなく行ってしまいましたが、、見ごたえのある展示でした。

最後には特設展示が。
ここでは名作椅子に実際に座ることができました!

座り心地を比べてみたり、細かな作りを見たり、と
実際に触れることができたのは、とてもおもしろかったです。

久しぶりに美術館に行きましたが、やっぱりたのしい!
実際に自分の目で見て本物に触れるって大事ですね。

この日は急遽行くことになり次の予定もあったのでゆっくりはできませんでしたが、
近場でまた面白い企画展などあれば行きたいな~と企んでいます。

読書の秋に食欲の秋、美術の秋と、、盛りだくさんになりそうな予感です!