岐阜市 モールテックス 施工|玄関土間②

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

モールテックス 玄関土間の続編。
No.1はこちらから

さて、施工に移っていくわけですが、まずは下地作り。
補修したい箇所は木、ないしスタイロフォームで造形していくと良いでしょう。
しかし、今回は使用箇所が『床』なので構造用合板にて下地造り。

MORTEX(モールテック)下地

すいません、既に塗りはじめの写真ではありますが、
玄関ステップ延長部分を合板で下地組み。
モールテックスの性質上、強靭性は高いものの、やはり下地ズレは避けたいもの。
ですので、合板の継ぎ目にはファイバーテープを施工。
継ぎ目のズレを防ぎます。

下地組みが終わったらプライマー処理。
モールテックスがしっかり密着するように塗っていきます。

MORTEXプライマー処理

白色の液体なのですが、アルカリ性に反応しますね。
若干緑色に変色します。
しっかりと塗りまわし、完全乾燥。
24時間待つのが理想でしょうか。

乾いたらいよいよ施工。
材料を正確に計り混ぜ合わせ。
使用する色粉、塗り面積に応じて細かく計算。
電卓・電子計必須です。
キッチン用の電子計りでやったことがあるのですが、重さが3キロ位しか計れなかったので、
全然役に立ちませんでした…。
せめて余裕持って10キロは計れる電子計りをお勧めします。

混ぜ合わせると結構トロトロに。
左官屋さんから言わせると、垂直面に塗れるの?というほど柔らかい。
これも経験が必要かもしれませんね。

MORTEX岐阜市

しかしながら、モールテックスはモルタルと違い、仕上げ厚が1~2mm程度。
密着も良いので、自重で下がってくる事もほぼありません。
こんな様子。

MORTEX岐阜市

まずは一層塗り。
全体の下地を作っていきます。
ここでのコテラフ感が最終仕上げにつながってきます。
センスですね。

一層塗りが全体に終わったら…
ジッと待ちます。
二層目塗りのタイミングが重要。
半乾燥状態で二層目を塗ります。
フレスコ塗り。言葉では中々表現できませんので用語だけでも。

モールテックス玄関土間

実にキレイな仕上がり。
今回の色粉も本当に良かった。

そして最終仕上げ。
グラインダーで磨いて表情を付け、仕上げ材を塗布。
今回は汚れ防止剤としてオイル・モールテックを使用。
また、この保護材の種類も多様。
壁や天井等の汚れを気にしない場所や、屋外、水場等、適材適所で選ばねばなりません。

MORTEX仕上げ

と性質、性能を知っていると実に面白いモールテックス。
これからどんどん使用の場所や、様々な表現が生まれてきそうですね!
楽しみです。

 

 

 

Posted by

RELATED POST