【物件購入前に知っておくと良いこと①】火災保険の内容と必要性

こんにちは、かおりです。
突然ですが、みなさま、火災保険とはどういうものかご存知でしょうか?

住宅を取得する際に必ず入るべき火災保険ですが、
あまり保険内容を理解せず、進められるままに加入してしまった!
そんな経験がある方も沢山いらっしゃると思います。

火災保険は、マルホデザインでも中古住宅を購入される方に必ず勧めている保険の一つ。
実はとてもメリットがある保険なので、加入するからにはしっかり理解しておきましょう!!

火災保険って?

岐阜市リノベーション_火災保険について

損害保険の一種で、火災や落雷、風水害などの自己によって生じた建物や家財の損害を保障する保険です。

家で出火してしまい、建物や家財が損害を受けた時、想像以上の経済的リスクを負うことになります。
その経済的リスクを少しでもカバーしてくれるのが火災保険。
家を新たに購入する時には必ずと言っていい保険です。

保険名称が火災とうたってある為、火災のみの保証だと思われている方も少なくないのですが、火災以外でも補償してくれます。

火災保険の補償範囲

●火災
失火やもらい火による火災の損害の補償
例:火災により住宅が燃えてしまった等

●落雷
落雷のよる損害の補償
例:雷が落ちて家電製品が壊れてしまった等

●破裂・爆発
破裂や爆発による損害の補償
例:ガスが引火して爆発が発生してしまった等

●風災・雹災・雪災
風・雹・雪等による損害の補償
例:強風で窓ガラスが割れてしまった、
割れたガラスから雨が入り、家電製品が壊れてしまった等

●水濡れ
漏水等による水濡れの損害の補償
例:給排水設備の故障により部屋の中が水浸しになった、
マンションの上の階から部屋に水が侵入し、水浸しになった等

●水災
台風、豪雨による損害の補償
例:床上浸水してしまった等

●盗難
盗取、損傷、汚損による損害の補償
例:泥棒にカギを壊された
家電や現金を盗まれた等

●集団行為等にともなう暴力行為
例:労働争議に巻き込まれ、家を破壊された等

●建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
建物外部からの物体による損害の補償
例:車が突っ込み、家が破損した
ボールが飛んできて、窓が割れた等

保険会社や商品により違いはありますが、幅広い補償範囲を持っているのが火災保険の特徴。
家族の生活環境を考え、補償範囲を設定すると良いです。

またここで注意したいのは地震で被害があった場合の補償。
火災保険では地震で被害があったとしても補償を受けられません。

地震のリスクを抑えるには、地震保険への加入が必要です。
地震保険は火災保険とセットでしか加入が出来ないので
火災保険を検討する際には、必ず地震保険の加入も考えてみてください。

保険対象となるものは?

岐阜市空き家改修の補助金_岐阜中古物件外観03

①建物のみ
建物本体+門や塀、車庫や物置等

②家財のみ
家具、家電製品、衣類

③建物+家財
①と②すべて

上記3つから保険対象は選択できます。
ここで気にして欲しいポイントは2点あります。

1点目は家が持ち家であるのか、賃貸であるのか。
賃貸の場合は、オーナーさんが火災保険に入っていることが多いです。

2点目は家財は多いか、少ないか。
この2点を気にしながら、自身の住宅の保険対象を選択していきましょう。

まとめ

令和元年(1月~12月)に日本で住宅が火事に見舞われた件数は20,915万件。
総務省の『令和元年(1月~12月)における火災の状況)を見ていただくと分かりますが、
日本の総世帯数で考えると約0.03%と確率的にはとても低いです。

ただ、火災が起きた時のリスクを考えてみましょう。
小さな火災でも建物のリスクはとても大きく、
大きな火災においては、自身の住宅以外(隣接する住宅)への被害も考えられます。
火災が起きた時の生活リスクは、想像以上に大きいのです。

また上記にも記載しているように、火災以外でも保証される火災保険への加入は、
暮らす上で必要となってきます。
火災保険は強制的な保険ではありませんが、重要度はとても高く、加入の必要性は大いにあります。

火災保険に加入する際、物件の構造、築年数等で住宅の価値が判断されます。
その上でどんな補償内容が必要であるかで、保険料等が決まります。
自身の住宅がどれだけの保険が必要であるか、どんな暮らしをしていくのかを見極め、
適切な補償で火災保険を加入していきましょう。

Posted by

RELATED POST