【光と風を取り込む】室内窓のある暮らし

こんにちは、ちんどうです。
今朝、今日は海の日です。と聞いて違和感を覚えました。
本来ならば明日はオリンピックの開会式だったんですね。
コロナ渦でそんなことも忘れかけていました。

さて、今日は室内窓について。
ご存知の方も多いかもしれませんが、
改めてメリットやデザインの事例をご紹介します。
取り入れようか迷っている方はぜひご参考に。
岐阜リノベーションの玄関の室内窓のニッチ

室内窓って!?

「室内窓」とは、間仕切りの壁に付ける窓のこと。
壁全体を取り払うことなく、隣り合った空間をやわらかくつなげてくれます。
風も取り込める開閉タイプとデザイン重視のFIX窓があります。
アイアンや木製のフレームが多く、ガラスのデザインは何種類も。

室内窓ってどこにつけるの!?

寝室や書斎・廊下など暗くなりがちな場所に室内窓を取り入れることで、
光や風も取り込めて、家族の気配も感じられます。

また、シンプルなデザイン&ガラスがおしゃれな空間を演出します。

メリット

・光が入らない空間でも光を取り込むことができる

・開放できるタイプは風も通すことができる

・空間に開放感が生まれる

・家族の気配が感じられる

・作業しながら家族の様子を見守ることができる

・おしゃれな空間、雰囲気になる

室内窓を取り入れた事例

case.1 リビング横の寝室に。

光が入らなかった寝室に室内窓をつけ、リビングからの光と
エアコンの風をこちらにも。
岐阜リノベーションのリビングの室内窓

case.2 キッチン横の壁に。

壁だと圧迫感があり、腰壁だと丸見えになってしまう、
そんな場所でもやわらかく空間を仕切ることができます。
岐阜リノベーションのキッチンの室内窓

case.3 吹き抜けに面した場所に。

光や風も入り、1Fにいる家族の気配がいつでも感じられます。
岐阜リノベーションの吹き抜けの室内窓

まとめ

いかがでしたか?
光や風を取り込めるだけでなく、見た目の雰囲気もいい室内窓。
壁だと圧迫感のある場所も空間をゆるやかに仕切ってくれます。

リノベーションやリフォームでも人気の室内窓。
あとからでも取り入れられるのでぜひご参考に。
 
 
 

Posted by

RELATED POST