過去の空気が生きる場所、明治村。

岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに、地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザイン・スタッフMです。

皆様はお正月休みに入られたでしょうか?
私はラストスパート!ということで今このブログを書いています。

例年よりも暖かい冬なので、出不精の私もここぞとばかりに今年は出かけています。
先日は友人と明治村に行ってきました。
地元が明治村の近くということもあり、小さな頃からよく遊びに行った場所です。

明治村で人気なのは何と言っても明治村の顔である
フランク・ロイド・ライト氏の帝国ホテルの玄関ですが
今回真っ先に向かったのは聖ヨハネ教会堂。

img_2602-copy-copy-copy

明治40年に京都に建てられた建物が明治村に移築されています。
1階はレンガ、2階は木造、屋根は軽い金属板。
地震の多い日本の土地柄を考慮してこのようなつくりになったのでは、
と言われているそうです。

食事処をのぞいたら、子供に人気があるのは間違いなくここではないかと思います。
それはなぜかと言うと、1階が子供の遊び場、2階が教会となっているからです。

1階には子供用のテーブルが並べられ、本や積み木などの遊び道具が。
その横にはカーペットで作られたすべり台が壁一面につくられています。

img_2608-copy

写真には写っていないのですが、
ここのカーペットのすべり台は私が小さかった頃から設置されているもので
大変年季が入っています。

自分たちの他に人もいないし、久しぶりに来たのだからとすべり台を滑ろうと思ったのですが、
階段を使わないですべり台をのぼろうとしたものだからバチが当たったんでしょうね。

靴下がつるっと滑って転倒。
いい大人が見事に顔面からすっ転びました。
友人に笑いを提供出来たから結果オーライですかね…
(恥ずかしかったので強引にポジティブシンキング)

そして2階は建物名前にある通り教会部分です。

img_2628-copy

アーチ型の大きな窓からは光が入り、曇りの日でも大変明るく、
木造ということもあり、日本らしさがどこか漂う落ち着きのある空間です。

設計はアメリカ人のジェームズ・ガーディナー氏。
立教大学校第3代校長だそうです。
立教大学校校舎はこの方の設計とのことです。

知らなかったー!と思いながらも強打した顔面のほうが心配なスタッフMでした。

美味しいものを食べに行く

岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインのスタッフKです。

美味しい食べ物が大好きです。
特にお寿司は昔から大好き。

お誕生日という事で、お寿司を食べに連れて行って貰いました。
特別な時に行けるような特別なお寿司屋さんを探していて、
やっと見つけた岐阜の名店。
岐阜で本格的な江戸前のお寿司が
食べられます。
手の込んだお寿司ってこうゆうお寿司の事を
言うんだな・・感激しっぱなしの夜でした。
img_8798

また行きたい。。
なんか頑張ったら、また連れて行ってもらおうと
心に誓いました!
その時まで、頑張ります!

大名古屋ビルへ

こんにちは。スタッフKです。
以前こちらのまち歩きブログでスタッフMが大名古屋ビルの事を
記事にしていましたね。
完成してから行っていなかったので、
先日子供と一緒に散策に行ってきました。

友人達とご飯屋さんで集合。
土曜日で当日予約したにも関わらず、
個室が空いていて、かつ子供向けのお料理もあって、
そんなに高価ではない!
子持ち主婦には最高でした!!
個室なので、子供がいてもゆっくり話をしながら
ご飯を食べられました。
高島屋が入っているセントラルタワーは
土曜日予約なんて出来ないし、
ランチは信じられない位の長蛇の列なので、
まだ知られていないのか大名古屋ビルは
かなり穴場です!!

その後、5階にある庭テラスに移動。
こんなビルの中に驚くほど素敵なお庭!!
そして、人も割と少な目なんです!
img_8187
入口も一か所しかないので、
子供が走り回っても、安心。
そして、少し電車も見れるので
男の子は大興奮で遊んでいました。
img_8189
コーヒーショップが併設されているので、
大人は珈琲とおやつを買って、リラックス。
「こんないい所になったんや!また絶対来よ!!」と
友人と約束をして、都会を後にしました。

とても素敵な充実した休日を過ごしました。
今度はお弁当を作って、
パパと娘とビルのお庭でピクニックをしようと思います。

関市のモネの池とつるむらさき料理

岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。
こんにちは、スタッフMです。

いま話題の関市にある通称モネの池に行ってきました!
蓮の花が咲いていないのが残念なところですが、
それっぽい写真はなんとか撮れました。

img_2941

調べてみると、この池は神社参道脇にある貯水池なんですね。
てっきり造園の中にある池だと思っていたので驚きました。

人混みを避けるために出来得る限り早く家を出て
9時頃に到着したのですが、すでに大勢の人が池を囲んでいました。
駐車場の誘導係のおじさまに声をかけてみると8時頃にはもう結構な人がいたんだとか。
みんな考えることは一緒!

写真を撮った9時頃は日がまだ高くないため、池の底まで光が入っていない印象でしたが
10時頃になると日差しが池の底まで入り、透き通って見えてくるようになると思います。
混んでいると言っても人の流れはわりと早く、すぐに写真を撮る場所は確保できました。

img_2940

うーん、やっぱり絵的に蓮の花がほしいですね!

駐車場は拡張したようで、結構な台数が止まれます。
と言っても見る人の回転が早いので駐車場の心配はしなくても良さそうです。
透き通った池の写真を撮りたい方は10時から12時頃がおすすめです。
 
 

その後、朝市などのお店に寄り道をしたり、渓谷に寄ったりと色々自然を満喫し、
岐阜県関市武芸川町にあるつるやさんで昼食をいただきました。

img_2915-copy

古民家を改装されたお店のようです。
最近話題の古民家風ではなく、本当に昔のお家をそのまま再利用しているお店です。
置いてあるテーブルも一枚板ですごいです(写真にはほぼ写っていませんが…)

img_2904-copy
img_2910-copy

そしてここ、とても珍しいつるむらさき料理専門店です。
つるむらさき、最近スーパーでたまに見かけることがありますよね。
何かとすごいと言われるあのほうれん草よりもミネラルが豊富で、
ビタミンやカロテンがたっぷり含まれているそうです。

写真は地鶏を使ったどんぶりと、つるむらさきが練り込まれた温かいおうどん。
おうどんはコシがとても強く、なかなかすぐには飲み込めません。
冷たいおうどんだと顎が疲れてしまって嫌になるかもしれません。
それくらいコシが強いです。

img_2905-copy

サイドメニューも地場の食材を使ったものがたくさんあります。
餃子なんかの肉肉しい料理も、つるむらさきが入っていてさっぱりと頂けます。
また機会があったら行きたいお店です。

バラが咲き乱れる公園

岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

こんにちは、スタッフMです。
可児市にある花フェスタ記念公園のバラが見頃だというのを知り、ふらりと行ってきました。

じゃん!
どうです、この広い庭園!
そしてバラが咲き乱れるどころか見事に緑ですね!

img_1976-copy

時期的には見頃なはずだったんですが、ちょっと早かった…!
バラの品種も様々なので、少しずつ咲くタイミングが違うようです。
 
 
公園の中にはベルサイユのバラをモチーフにしたエリアがあり、
そこのバラは真っ赤に咲いていました。
雨露に濡れていてどこかセクシー。

img_8781-copy
 
  
こちらは日本で品種改良されたバラ。
名前はしのぶれど。

img_8795-copy

しのぶれど…現代ではあまり使いませんが、
じっと我慢してきたけれど、結果〜〜になってしまった、というような意味だそうです。
百人一首に平兼盛が詠んだ歌にしのぶれどという言葉が出てきます。
「忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで」

誰にも知られないように隠していたつもりが、
とうとう人に恋の悩みをしているのか?と尋ねられる程顔に出るようになった、という歌だそうです。

しのぶれど…言葉の意味を知ると、とてもロマンチックなお花に見えてきます。
このバラは蕾の時はひっそりとしていたけれど、咲き誇ったとたん、
恋をしているかのように輝くお花になる、そんな感じでしょうか。
 
写真ではピンクに見えますが、実際は薄紫色の花をしています。
先に紹介した真っ赤なバラとは違い、お淑やかでとても気品のある花だと感じました。

咲いているバラの数は少なかったのですが、色々な種類があることを知れたので面白かったです。
 
 
その後は園内をぶらりと散歩しがてら茶室へ。
茶室・織部庵の見学は貸切予約があるとのことで断念しましたが、
立礼席でお抹茶が頂けるということだったのでお邪魔しました。

  
なかなか雰囲気があります。

img_8831-copy

 
松も手入れが行き届いて迫力があります。
 
img_8833-copy
 
 
立礼席の窓ごしの緑です。
紅葉が始まると緑が真っ赤に色づきとても風情のある景色になるのだそうです。
 
img_8836-copy
 
 
お抹茶と栗きんとん。
後味のすっきりとした飲みやすいお抹茶と、恵那川上屋の栗きんとんでした。
相性ばっちりです。

img_8838-copy
 
 

総括:
バラが咲き誇る時期に行くと圧巻だと思います!(説得力にかけますが)
とても田舎の、しかも山の中にある公園ですが、日々の喧騒を忘れたい時にはぜひどうぞ。

4 / 512345