岐阜市モールテックス施工|玄関土間①

こんにちは。
岐阜市鏡島より「暮らしを育む」をテーマに 地域の活性化に取り組む
住宅診断・リノベーション専門一級建築士事務所のマルホデザインです。

最近マイブームでもありますモールテックス。
リノベーションの可能性を広げる切り札ではないかと考えています。

と言いますのも、
〇下地が何でもO.K(木・鉄・プラスチック等々)
〇デザインの表現が多様
〇強靭性(ひび割れに強く、密着性が高い)
〇防水性

が個人的に感じるメリットでしょうか。
書いているだけでも素晴らしい素材。

しかしながらデメリットももちろん。
〇材料の配合の精度が必要
〇塗り場の環境により施工後の状態が変わる
〇塗り手の技術により表現の幅が変わる

ことでしょうか。
やはり仕上げモルタルのような感じもしますが、モルタルと似て非なるモノ。
製品の性質を理解していないと難しそう。
また、施主様や設計側もそのことを理解し、表現豊かなモールテックスの雰囲気を
楽しめる感性が大切かもしれませんね。

モールテックス MORTEX 防水試験

そんなモールテックスを今回は玄関土間に施工。
なぜ玄関に?

解体後、施工中の様子。
分かりにくい写真ではありますが、玄関と廊下、部屋との取り合いの様子。
リノベーションの流儀としては、躯体はそのまま、内装を一新させる手法が多いけれども、
使えるところは使う、少しでも予算を抑えたいというが実状ではないでしょうか?

img_9811
そうすると玄関廻りって結構迷うのです。
・従来の玄関ステップより広がったり、狭くなったり。
・タイルは味があって使いたいけど継ぎ足しができないし。
・壊して新設するのも解体費用やタイルの材料等の費用もかさむし。
・既存のステップを補修しようかと思っても、玄関ドアとの取り合いも悪いし。
等々…
多くの悩み事があります。

そんな悩みを解消してくれたのがモールテックス。

モールテックス玄関土間 MORTEX

施工のステップはNO.2にてご紹介。

Posted by maruho

RELATED POST